アバター人材の育成プロジェクト、パソナがメタバース参入

アバター人材の育成プロジェクト

株式会社パソナグループは15日、アバター人材の育成とアバターを活用したBPOサービスを行う拠点「淡路アバターセンター」を、17日に兵庫県淡路市内に開設することを発表した。

また、最初の取り組みとして11月23日(火)~12月12日(日)の期間、実際にアバターを活用した遠隔接客販売業務を開始する。

年内に「淡路コンシェルジュアバター」サービスも

「淡路アバターセンター」では、アバターを操作するオペレーター人材の育成を行い、アバター人材による対人接客業務のBPOサービス(自社の業務の一部を専門業者に一括して外部委託すること)を展開していくとしている。

また、同プロジェクトの第一弾として、11月23日(火)~12月12日(日)の期間、大阪道頓堀のポップアップストアにおける接客・販売業務を実施。現地のサイネージ(電子看板)に表示されるアバターを「淡路アバターセンター」から遠隔操作し、接客・販売を実施、アバターによる販売の効果検証も行うという。

今回の取り組みの背景について、同社は以下のように説明している。

昨今、新型コロナウイルス感染症の拡大による在宅勤務やリモートワークの広がり、仮想現実(VR)や拡張現実(AR)に関連するテクノロジーの発展等を受けて、仮想空間におけるアバターを使った活動や「メタバース」と呼ばれる概念が注目されています。

アバターを活用した就業機会の拡大は、様々な事情により物理的な移動が難しい方の就業を可能にすると共に、人の持つ様々な才能・能力を拡張することで、全く新しい領域での雇用創出や、デジタル空間を前提とした新しい雇用のあり方が期待されています。

同社は10月に、アバターサービスを提供するAVITA株式会社と協業し、AVITAのアバターと関連技術を活用した新サービスの開発および人材育成を通じて、雇用創出と新産業創造を目指す「アバター人材雇用創出プロジェクト」を開始。当時、アバターを活用した地域情報の発信や、仮想空間を利用した地域との交流を促進する地方創生プロジェクトの推進も行っていくと説明していた。

さらに、年内にもパソナグループが兵庫県淡路島の地方創生を目指し展開する各種飲食・宿泊・観光施設などの総合問合せ・予約窓口「淡路コンシェルジュアバター」のサービスを、AVITAと共に開発したアバターを通じて提供していくことも明かしていた。

関連:次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します