NFTシール「資産性ミリオンアーサー」第二弾発売へ、LINEのNFT市場で流通も

LINE「NFTマーケット」で取り扱いへ

ブロックチェーン・NFT関連事業を運営するdoublejump.tokyo株式会社は19日、『資産性ミリオンアーサー』第二弾の発売およびLINEが提供するNFTマーケットプレイスにて出品・購入が可能になることを発表した。

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

『資産性ミリオンアーサー』は、同社と大手ゲーム企業スクウェア・エニックス(スクエニ)が共同開発したNFT(非代替性トークン)デジタルシール。基盤技術に「LINE Blockchain」が採用されているため、LINEアカウントで登録できるデジタル資産管理ウォレット「LINE BITMAX Wallet」での保管が可能だ。

関連:スクエニ共同開発のNFTシール「資産性ミリオンアーサー」リリース

『資産性ミリオンアーサー』について

10月14日に発売開始された『資産性ミリオンアーサー』第一弾「-資産王、君臨-」は、11月24日に販売終了となる。今回発表された第二弾「-邪神、暴走-」は、数量限定で1枚500円で25日20時より発売開始する。

販売終了後、ブロックチェーン上における発行数は、販売された数に修正され、残った在庫は今後市場に流通することはない。

また、26日より、LINEの子会社LVCが提供する二次流通マーケットプレイス「NFTマーケットβ」に対応する予定だ。

関連:LINEのNFTマーケットプレイスが新登場、おすすめポイントを解説

資産性ミリオンアーサーは「集めて貼って楽しめるNFTデジタルシール」を謳っており、それぞれデザインが少しずつ異なる。スクエニの提供するスマートフォン向けゲーム「拡散性ミリオンアーサー」(現在はサービス終了)より始まった人気シリーズで、同シリーズは過去にWEBアニメ化したこともある。

NFTデジタルシールを「シールホルダー」に貼っていると「OMJ(おまんじゅう)」と呼ばれるポイントが貯まる仕組みになっている。OMJを最大値の20ポイントまで貯めたキャラクターシール・4コママンガシールに対して「サイ(再)プレス」という機能を追加する予定で、サイプレスを行ったデジタルシールは、キャラクターのベースカラーや4コママンガのイラストの一部が特別なデザインに変化するという。

サイプレスは、今後販売予定も含めてすべてのシールで利用できるようにし、サイプレスすることで得られるコンテンツも用意する計画であるとした。

NFTマーケットβとは

「NFTマーケットβ」は、LVCが提供するデジタル資産管理ウォレット「LINE BITMAX Wallet」内で利用できるNFTマーケットプレイス。今年6月に提供を開始した。

LINEの独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」が基盤となっており、決済には独自通貨LINK(LN)を使用。秘密鍵不要でLINEアカウントさえあればデジタル資産の管理ができること、LINEの友だちとデジタル資産の送受信ができること、ガス代(ネットワーク手数料)が発生しないことなどを特徴とする。

これまでLINE BlockchainのロゴをかたどったNFT、LINEの公式キャラクターのNFTのほか、アイドルグループ「ももいろクローバーZ」とのタイアップでNFTトレカなどを発売してきた。

現在はβ版での提供であるが、より機能を充実させた「正式版」が年内にリリースされる予定となっている。また、先日開催されたオンライン技術カンファレンス「LINE DEVELOPER DAY 2021」において「NFTマーケットβ」を中心としたウォレットサービスの機能追加の開発が進められていることが明かされた。

関連:LINEブロックチェーンで開発中の新サービスを発表──LINE DEVELOPER DAY 2021

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します