低調続くビットコイン、イーサリアム・レイヤー2のTVLは前週比13%増に

仮想通貨市況

24日の暗号資産(仮想通貨)市場。 ビットコイン価格は、前日比0.65%の651万円(56,525ドル)と引き続き軟調な値動きに。

BTC/USD日足

相場の過熱感を示すRSI(相対力指数)は今年9月の底値水準に達したほか、Crypto Fear & Greed Indexは42まで後退。昨日は一時的に「Fear」水準の33まで低下するなど、投資家心理は冷え込みつつある。

23日は、ビットコインに次ぐ時価総額2位のイーサリアムの方が反発した。ビットコイン建の通貨ペアETH/BTCは10月19日以降上昇傾向にあり、0.082BTC水準を超えればイーサリアム(ETH)への資金移動が加速する可能性も考えられる。過去の相場を見る限り、アルトシーズンのトリガーにもなり得るため、目下の焦点の一つと言えそうだ。

ETH/BTC週足

レイヤー2ソリューションが台頭

イーサリアム(ETH)については、ボトルネックの補完的な役目を果たす、レイヤー2ソリューションへの関心がここへきて強まっている。

DeFi(分散型金融)やNFT(非代替性トークン)市場の影響によるイーサリアム・トランザクション手数料の高騰に伴い、Arbitrum(アービトラム)などのイーサリアムレイヤー2(L2)ソリューションに移行していることが背景にある。

L2BEATのデータによれば、L2のDeFiプロトコルへの預け入れ総額を示す「Total Value Locked(TVL)」は、過去1週間で+13.2%増の61.6億ドルに達した。

L2BEAT

アービトラムは今年10月、さらに高速化した「Arbitrum Nitro」の開発に取り組んでいることを明かした。手数料削減のほか、処理速度は実に20〜50倍に達することが見込まれる。

また今年11月には、最大手取引所のバイナンスが、Arbitrum対応を発表。メインネット「Arbitrum One」を導入して、入金処理に対応するとした。

このようなレイヤー2ソリューションに関心が集まる背景に、レイヤー1の大混雑とトランザクション手数料の高騰が挙げられる。その一因となったNFT(非代替性トークン)市場では、最大手マーケットプレイスOpenSeaの出来高が、今夏をピークに大幅減少傾向にある。

Dune Analytics

ガス代高騰によるデジタルアセットの流動性低下のほか、需要が飽和状態にある中で、供給量の急増(競合増による市場シェア減少)などが背景にあるものと考えられる。

ただ、OpenSeaも現状には全く甘んじていない。

24日には、1766年設立の伝統的な老舗オークションハウスである「クリスティーズ(Christie’s)」との提携を発表。NFTのアートコレクションを同プラットフォームで競売(オークション)にかける予定を発表した。

関連:NFT電子市場OpenSea、クリスティーズと初提携

NFTコレクティブル系のプロダクトでは、その多くが取引高を減少させる一方、α版ローンチを控えるザ・サンドボックス(SAND)のモンスターやキャラクターをはじめ、バーチャルランド(仮想土地)は、ここ数ヶ月で地価が数倍まで高騰した。

SANDトークンは前日比+23.9%の6.15ドルまで高騰。過去最高値を更新したほか、ディセントラランド(MANA)が前日比+8.4%の4.3ドルとなるなど、旧フェイスブック参入やソフトバンクビジョンファンドの投資を契機に、メタバース(仮想空間)関連銘柄が物色されやすい状況下にあるようだ。足元ではバブル的な過熱感も強まりつつあり、調整局面には注意したい。

直近では、カナダの投資会社がディセントラランドの土地を購入したほか、カリブ海の島国バルバドスがディセントラランド内にバーチャル大使館を設立する方針を明かしたことも反響を呼んだ。

関連:カナダ投資企業、ディセントラランドで約3億円の土地を購入

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します