CoinPostで今最も読まれています

欧州理事会、EUの仮想通貨規制案について公式見解を採択

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

MiCAについての公式見解を発表

欧州理事会は24日、EUを統一する暗号資産(仮想通貨)規制案「MiCA」についての公式な見解を採択した。これにより、理事会は欧州議会とこの法案について交渉を行い、合意に達すれば、両機関はこの規制を正式に採択する見込みだ。

MiCAとは、「Market in Crypto Assets(仮想通貨市場規制案)」の略で、EUが2020年9月に発表した包括的な仮想通貨規制案である。今年6月に行われた改訂では、NFT(非代替性トークン)を規制対象外としており、EU域内を対象に仮想通貨サービスを提供する企業は、拠点をEU加盟国内に置くことが提案された。

10日に欧州委員会のMairead McGuinness委員が、MiCAについて今年の秋に合意するよう、EU加盟国に呼びかけていると明かしたところだ。今回の動きにより、その目標に向けて、一歩前進した形である。

「欧州議会との迅速な合意を望む」

欧州理事会は今回、MiCAと同時に「Digital Operational Resilience Act(デジタル運用レジリエンス法、略称DORA)」への公式な立場も採択。DORAは、デジタル事業について、何か問題が発生した時のシステム復旧に関する規制枠組みを構築するもので、サイバー攻撃の防止・軽減も目標としている。

公式声明によると、欧州理事会は今回の提案について、欧州議会と迅速な合意に達することを望んでいるという。MiCAの狙いについては「金融安定性を維持し投資家を保護しながら、イノベーションを促進し、仮想通貨の可能性を引き出す市場の規制枠組みを作成すること」だと改めて説明した。

ステーブルコインに厳格な対応

欧州理事会は特に、ステーブルコインについて厳格な方針を取ることを提案している。ステーブルコインの発行者には、他の仮想通貨発行者よりも厳しい要件を課すべきだとした。

ステーブルコインの金融安定性や通貨主権に対するリスクを規制するための専用規則を策定することも提案している。

ステーブルコインとは

価格が常に安定している(stable)仮想通貨を指す。米ドルの裏付けによるステーブルコイン(USDT・USDC)のほか、DAIやUSTといったアルゴリズムを利用するステーブルコインもある。

▶️仮想通貨用語集

公式声明で欧州理事会は、仮想通貨、ユーティリティトークン、ステーブルコインのもたらす恩恵を次のように説明した。

  • 仮想通貨と関連ブロックチェーンは、安価で迅速な国際決済、中小企業の新たな資金調達方法、より効率的な資本市場などをもたらす。
  • ユーティリティトークンは、分散型ブロックチェーンネットワークの利用を促進する役割を果たす。
  • ステーブルコインは、モビリティ、エネルギー、製造分野のコンピューターネットワークにおける決済を支えることができる。

一方で、これらはリスクも伴うため、適切に規制・監督されるべきであると述べている。

ユーティリティトークンとは

特定のサービスを利用するための権利として機能する、実用性のあるトークンのこと。商品や食事などの代金を現金に代わって決済できたり、保有していることでクラウドストレージにアクセスできるなどの例がある。

▶️仮想通貨用語集

NFTはMiCA規制の対象外

欧州理事会は、NFTについてはMiCA規制の対象にはならないと改めて見解を示した。

NFTの他にも「製品保証や不動産」など、物理的な資産を表現するトークンや、無料または特典として提供されるデジタル資産、国際通貨基金などの国際組織間の取引もMICAの規制対象外にすることを提案している。

関連大企業の関心集める「NFT」の魅力とは|主な特徴と将来性を解説

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
10:50
フォビジャパン Japan Open ChainのIEO実施を計画
暗号資産取引所フォビジャパンは7日、IEOの実施計画を発表した。
10:30
英財務省、仮想通貨に対する追加規制を策定か
英国財務省は、仮想通貨の販売や広告などを管理する包括的な規制パッケージを策定しているところだ。金融サービス・市場法案の一部として構想しているとみられる。
09:48
経産省、NFTの実証事業イベント開催へ
経産省は、NFTとメタバースの実証事業イベント第一弾を12日に実施する。NFTを通じたイベント空間への入場やプラットフォーム間の連携を実証して、技術的課題の整理を行う。
08:20
メタマスク、顧客データの保存期間を制限へ
仮想通貨ウォレット「Metamask」を開発する米ConsenSysは、RPCノードが顧客のデータを保存する期間を7日に制限する意向を示した。
07:50
米コインベース、3銘柄の新規取扱いを実施
米国の大手暗号資産取引所コインベースは7日、NFT関連銘柄を含む3銘柄の新規上場を実施した。
07:28
ワーナー・ミュージック、ポリゴンと提携
米音楽エンターテインメント企業のワーナー・ミュージックは、ポリゴン、LGND.ioとパートナーシップを締結。仮想通貨に馴染みのないファン層も対象にしてNFT音楽プラットフォームをローンチする。
07:00
7日朝|NYダウ・仮想通貨関連株全面安
今日のニューヨークダウは米連邦準備制度理事会の利上げが長期化し景気が悪化するとの懸念が根強く大幅に続落し一時500ドルを超えた。仮想通貨・ブロックチェーン関連株も全面安になった。
12/06 火曜日
18:03
ゴールドマンサックス、仮想通貨企業の買収に意欲=報道
金融大手ゴールドマンサックスが不特定多数の仮想通貨関連企業の買収を検討していることがわかった。デジタル資産部門の責任者は、インタビューで長期視点では将来性を評価する姿勢を崩していないと語った。
17:28
Maple Finance、FTX破綻の余波で42億円の不良債権か
DeFi融資プラットフォームMaple Financeは、ヘッジファンドOrthogonal Tradingが債務超過に陥り、M11 Creditが約42億円の不良債権を負ったことを発表した。
14:45
ブテリン氏が期待寄せるイーサリアムの活用法5選
イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏はブログで、イーサリアムのエコシステムの中で最も「エキサイティング」だと考えるユースケースを五つ選んで紹介した。
14:19
分散型永久オプション市場「Panoptic」、6億円を調達
イーサリアムブロックチェーン上で永久オプションを構築するDeFi(分散型金融)プロトコル「Panoptic」は、約6億円を調達したことを発表した。gumi Cryptos Capitalがリードインベスターを務めた。
13:30
Oasys、戦略的投資ラウンドとパブリックセール完了
日本発のゲーム特化型ブロックチェーンプロジェクトOasys(OAS)は戦略的投資ラウンドとパブリックトークンセールの完了を発表。MZ Web3 ファンドやNexonなどが出資ラウンドに参加した。
12:03
米株下落でビットコイン連れ安、アクシー(AXS)は一時前日比20%
ISM非製造業景況指数を受け米株指数が売られたことで暗号資産(仮想通貨)も冴えない。国内取引所bitbank上場が発表されたブロックチェーンゲームのアクシー(AXS)が一時20%高まで上昇した。
12:00
Aave、SonarをLens Protocolに統合
分散型ソーシャルメディアプラットフォームLens Protocolが、ソーシャルモバイルメタバースSonarの買収を発表した。今後Sonarは同プロトコルを統合していく予定だ。
11:25
米サークル社、SPACによる上場を延期へ
主要ステーブルコインのUSDCを提供する米サークル社は、ニューヨーク証券取引所にSPAC上場の相互的な解消を発表した。長期的な上場企業になる目標は依然として変わらない。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧