バイナンス、仮想通貨銘柄の新規取扱を発表

Alchemix(ALCX)上場

暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは30日、DeFi関連銘柄の新規上場を発表した。

上場対象の銘柄は、Alchemix(ALCX)。日本時間30日15時に取引開始する予定だ。

取引ペアについては、 ALCX/BTC、ALCX/BUSD、ALCX/USDTとして提供するという。

AlchemixはDeFi(分散型金融)プロトコルで自動返済式のローンを提供し、alUSDという独自のステーブルコインも発行。ALCXはAlchemixのガバナンストークンで、ステーキング流動性マイニングで得ることができる。現在の預け入れ総額は930億円を超えている。

流動性マイニングとは

イールドファーミングを行う人達を惹き付けるため、流動性提供の対価として利息の他にガバナンストークンが付与されることを指す。

イールドファーミングは、DeFi上で仮想通貨を預けて流動性を提供することにより利益を得ること。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します