bitFlyer、ビットコインが貯まる「bitFlyer クレカ」を提供開始

bitFlyer クレカ誕生

国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerを運営する株式会社bitFlyerと新生銀行グループの株式会社アプラスは、本日より、日本初となるビットコインが貯まる「bitFlyer クレカ」の提供を開始することを発表した。

「bitFlyer クレカ」は、日々の買い物や公共料金(電気、ガス、水道など)の支払いなどに利用することで、利用額に応じたビットコインが自動的に貯まり、貯まったビットコインはbitFlyerでかんたんに売却可能。クレジットカードのブランドは、世界210を超える国や地域の加盟店ネットワークで利用可能な「Mastercard®(マスターカード)」だ。

Apple PayやQUICPayといった、コロナ禍で需要の拡大する「非接触決済(キャッシュレス)」サービスにも対応しているという。

上位グレードのプラチナカードも

bitFlyer クレカは、年会費無料のクレジットカードのほか、年会費16,500円(税込)のプラチナカードも用意されている。初年度年会費はいずれも無料で、カードショッピング年間150万円以上(税込)の利用で、プラチナカードの次年度年会費も無料となる。

気になる還元率は、通常のカードが0.5%(キャンペーン期間中2.0%)、プラチナカードが1.0%(キャンペーン期間中2.5%)となる。キャンペーン期間は、カード申込月と翌月ご利用分が対象だ。

プラチナカードには、通常カードと同様のカード盗難紛失補償のほか、旅行傷害保険、ショッピングガーディアン保険、空港ラウンジの優待といったサービスが付帯している。

入会キャンペーン実施

「bitFlyer クレカ」の提供を記念し、ビットコインがもらえるなどの入会キャンペーンを期間限定で実施。ショッピング利用額に対し、以下の通りビットコインを進呈するという。

  • bitFlyer Credit Card の場合:2.0%相当のビットコイン
  • bitFlyer Platinum Card の場合:2.5%相当のビットコイン

詳細は、公式サイトまで。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します