米WisdomTree、投資顧問向けの仮想通貨指数ファンドを提供

複数銘柄の指数

米資産管理会社WisdomTreeとRitholtz Wealth Managementは3日、投資アドバイザー向けに暗号資産(仮想通貨)指数ファンドを提供することを発表した。

WisdomTreeはETFやETPのスポンサーで、仮想通貨ETPなどの金融商品も提供している。今週、同社は欧州で4つの仮想通貨ETPをローンチした。同社の運用資産は8.5兆円に及ぶ。

関連WisdomTreeなど、欧州で複数の仮想通貨ETPをローンチ

Ritholtz Wealth Managementは米国で登録された投資アドバイザーで、クライアントに資産クラスの配分や投資銘柄・ポートフォリオの比重などについて助言したり、顧客に代わって直接運用するサービスを提供している。運用資産は2,000億円を超えている。

両社が今回新たに提供する仮想通貨指数「RWM WisdomTree Crypto Index」は、ビットコイン(BTC)に36%、イーサリアム(ETH)に20%、残りの44%は11銘柄に4%ずつ配分するという。

11の銘柄は、決済システムやスマートコントラクトを含むレイヤー1のネットワーク、レイヤー2プロトコル、オラクルネットワーク、DeFi(分散型金融)、仮想通貨指数サービス、およびメタバース(仮想空間)の分野から選出されるものだ。

また、銘柄の投資については米仮想通貨取引所Geminiが取引及びカストディサービスを提供する。

Ritholtzのリサーチ責任者Michael Batnick氏は発表で、「デジタル資産、ブロックチェーン、DeFi、メタバース、Web3.0技術の大量採用の機運は成熟した」とコメントした。

投資アドバイザー向けの仮想通貨投資商品は現在増えつつある。WisdomTreeのほか、米保険大手MassMutual傘下のフィンテック企業Flourishは2日、投資アドバイザー向けにイーサリアムの投資サービスを提供することを発表した。

関連米保険大手MassMutual、イーサリアム運用を投資顧問に提供

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します