バイナンス、PoW系銘柄の新規取り扱いを発表

Flux(FLUX)上場

暗号資産(仮想通貨)取引所のバイナンスは10日、暗号資産の新規取り扱いを発表した。

対象となる銘柄はFlux(FLUX)で、日本時間の10日15時より取引が開始される予定だ。

提供される取引ペアはFLUX/BTC、FLUX/BUSD、FLUX/USDTの3ペアとなっている。

なお、バイナンスが対応するのはBEP-20とERC-20トークンのみであり、その他規格のFLUXトークンについては取引所への預け入れ・引き出し等をサポートしない点について、バイナンスは注意を呼びかけている。

Fluxは分散型クラウドコンピューティングネットワークで、コンセンサスアルゴリズムにプルーフ・オブ・ワーク(PoW)を採用している。FLUXはそのガバナンス・ユーティリティトークンとして機能するという。

PoW(プルーフオブワーク)とは

PoWとは、コンピューターで計算(マイニング)を行うことによって、ブロックを新たに承認・生成するコンセンサスアルゴリズムのこと。

▶️仮想通貨用語集

また、バイナンスは昨日、Biconomy(BICO)の上場実施も発表した。

関連:バイナンス、Binocomy(BICO)上場

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します