ミャンマー亡命政府、仮想通貨テザーを公式通貨に指定

ステーブルコインのテザーを公式通貨に指定

ミャンマーの亡命政府「国家統一政府(NUG)」は11日、ステーブルコインテザー(USDT)を公式通貨にすると発表した。NUGの財務省がFacebookの投稿で明らかにしている。

ミャンマーでは、2月に国軍がクーデターを起こし、民主化指導者のアウンサンスーチー氏や前政権の幹部らを拘束している。NUGは、国軍に追放された市民政府の指導者と、民主化運動グループの連合体だ。

NUGは9月、クーデターで権力を掌握した軍事政権に対して宣戦布告。軍事政権と地元の抵抗勢力との間で、デモやその弾圧など抗争が続いている。

国際的には、軍事政権への批判が高まっているところだ。10月に欧州議会は、NUGをミャンマーの正式な政府として承認した。また今月6日、軍事政権よりアウンサンスーチー氏に禁固刑が言い渡された際には、ブリンケン米国務長官や、EUボレル外交安全保守上級代表より非難の声明が出された。

国家統一政府の発表内容

ミャンマー亡命政府は以下のように発表している。

仮想通貨テザー(USDT)について、国内での使用を公式に認める。

1. 現在の取引と金融サービスを改善し、加速させるために、ステーブルコインであるUSDTはミャンマー国内での使用を正式に認められた。

2. これにより、ミャンマー中央銀行が2020年9月に発行した債権を無効とする。現在、軍事政権が中央銀行をコントロールしている状態だ。

ミャンマー中央銀行は、今回のクーデター前の時点(2020年5月)で、すべての仮想通貨を禁止していた。NUGの声明は、この方針に逆行するものとなる。

テザー(USDT)とは

テザー社の発行する、米ドルの価値に1:1で裏付けられたステーブルコインのこと。テザー社が発行するUSDTの量と同量のドルを同社が保有することによって価値が担保される。価値が安定しているため、バイナンスなどの大手仮想通貨取引所で基軸通貨としても利用されている。

▶️仮想通貨用語集

軍事政権下で注目高まる仮想通貨

NUGは現在政権に就いていないため、ミャンマー国民がこの声明を受け入れるかは不明だ。ただ、ミャンマーでは軍が政権を掌握してから、法定通貨チャットの価値が下落を続けている。

Thai PBSの報道によると、こうした状況で仮想通貨に注目する国民も増加しているという。例えば20代の若者A氏は次のように語った。

遅かれ早かれ、現地通貨は大きく切り下げられるだろうと思っていた。腐敗した政府に頼らなくても、自分の投資を保護して世界経済に参加できる、分散型通貨の可能性を人々が理解できれば、広く普及することもあるだろう。

また、弾圧を受けて国外に脱出したエコノミストのK氏は、現在ミャンマーでは経済活動が厳しく監視されており「選択肢は3つしかなく、すべてのお金を外国の銀行に預けるか、デジタルウォレットや仮想通貨を使うか、現金に回帰するかだ」と説明した。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します