老舗オークションハウス「サザビーズ」、2021年にNFTで100億円以上を売り上げる

NFTの年間販売額が1億ドルに到達

老舗オークションハウスのサザビーズは、2021年のNFT(非代替性トークン)の累計販売額が1億ドル(約114億円)に達したと報告した。仮想通貨メディアThe Blockなどが報じた。

サザビーズが初めてNFTの販売を行ったのは21年4月のこと。デジタルアーティストPakのNFTを扱った。この際、3,000人の購入者から計1,680万ドル(約19億円)を売り上げている。

それ以降、サザビーズは次々とNFTのオークションを行ってきた。6月には、インターネットの基礎である「World Wide Web(WWW)」のソースコード原本をNFT化して530万ドル(約6億円)で売却した。

関連老舗オークションハウスのサザビーズ、「インターネットの起源」をNFT化して競売へ

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ブロックチェーンゲームの「デジタルアイテム」交換などに用いられるのみならず、高額アート作品の所有権証明や、中古販売では実現の難しかった「二次流通市場」における権利者(クリエイター)への画期的な還元手段としても注目を集める。

▶️仮想通貨用語集

「CryptoPunks」の希少な作品1点も1,180万ドル(約13億円)相当で売却している。9月には、「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」 のNFT作品合計101点が、約26億円の落札額を記録した。

関連人気NFT「Bored Ape」、サザビーズの競売で26億円で落札

サザビーズによると、NFT入札者の4分の3以上(78%)がサザビーズの競売に初めて参加した者であり、半数以上が40歳以下だったという。

2021年には、まだ20件のオークション開催が予定されているが、それを除くと、サザビーズは2021年のオークションで総額60億ドル(2020年比71%増)の収益を上げており、その他の収益とあわせて、年初来の売上総計は73億ドル(約8,330億円)に達した。

サザビーズ・メタバースの創立

サザビーズは、ブロックチェーンを土台とする暗号資産(仮想通貨)に先進的な老舗の美術関係組織の1つだ。10月には「Sotheby’s Metaverse(サザビーズ・メタバース)」と呼ばれる、独自のNFTプラットフォームを立ち上げ反響を呼んだ。

関連老舗オークションハウス「サザビーズ」、独自のNFTプラットフォームをローンチ

サザビーズ・アジアで、現代美術オークション責任者を務めるマックス・ムーア氏は、旧フェイスブックの参画で世界中の関心を集めるメタバース(仮想空間)について次のように語った。

サザビーズがこれまで、宝石、時計、ワイン、家具、デザインなどを扱ってきたのと同じように、今後はNFTの美術品だけでなく、音楽、エンターテインメント、スポーツなど、様々な分野のデジタル資産も扱うようになるだろう。サザビーズ・メタバースは、あらゆる種類の商品を揃えるワンストップ・ショップになるはずだ。

サザビーズは、米国のデンバー現代美術館が提供した、NFTについての教育シリーズの主要スポンサーも務めている。

この講義はYouTube上で無料公開されており、NFTの歴史や、それが芸術作品の生産や、所有、収集、鑑賞者との関係性の面で、どのように既存のシステムを変革する可能性があるかなどについて学べるものだ。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します