人気NFT「Bored Ape」、サザビーズの競売で26億円で落札

人気NFT「BAYC」の競売が終了

老舗オークションハウスSotheby’s(サザビーズ)で9日までオークションにかけられていた人気のNFT(非代替性トークン)「101 Bored Ape Yacht Club(以下、BAYC)」は、2,439万3,000ドル(約26億円)で落札された。

今回のオークションについてサザビーズは、最終的に1,200万ドル(約13億円)から1,800万ドル(約19億円)の値がつくと予想していたが、約7億円も上回る落札額となった。

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。高額アート作品の所有権証明などで利用され、二次流通市場における権利者(クリエイター)への画期的な還元手段としても注目を集める。

▶️仮想通貨用語集

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

オークションに出品されたBAYCは、制作スタジオのYuga Labsが保管していた101種類のNFTをまとめたものだ。既存のBAYCのNFTを変異させたものを含め、合計107点のNFTが1つのセットになっている。

これは「退屈した猿(Bored Ape)」をモチーフとしたNFTコレクションで、イーサリアム(ETH)のERC721規格をベースに作成。それぞれのNFTは表情、髪型、服装、背景色などが様々に異なっており、唯一無二のものである。

関連サザビーズ、人気NFT「Bored Ape」競売で最高19億円の入札額を予想

今回のオークションが終了したことを受け、BAYCの公式ツイッターアカウントは、「歴史的な瞬間だ」とコメントし、コミュニティに感謝の意を述べ、購入者に対し「ようこそ我々のクラブへ」と歓迎した。

BAYCについて

BAYCのNFTは現在1万点あり、今回オークションに出品されたのは、全体の約1%にすぎない。BAYCは4月に発売が開始され、購入者がSNSのアイコンとしてNFT画像を紹介したことなども後押しとなり、人気は急上昇した。

最初は0.08ETH(3万円相当)だったというBAYCは本記事執筆時点で、NFTマーケットプレイス「OpenSea」での最低競売価格が約40ETH(1,510万円相当)となっている。

CoinPostの提携メディアThe Blockのデータによると8月に人気が高まり、8月22日には出来高が過去最高(ATH)となる1.3億ドル(約145億円)超を記録した。

BAKCについて

なお、今回サザビーズでBAYCと共にオークションにかけられていた「101 Bored Ape Kennel Club(以下、BAKC)」は183万5,000ドル(約2億円)で落札された。

BAKCのNFTは、BAYCに無料で付属していた犬をモチーフにしたもの。事前に150万ドル(約1.6億円)から200万ドル(約2.2憶円)の値がつくと試算されおり、予想範囲内の落札額となっている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します