サザビーズ、人気NFT「Bored Ape」競売で最高19億円の入札額を予想

人気NFT「BAYC」のオークション

老舗オークションハウスSotheby’s(サザビーズ)は、9月9日まで人気NFTプロジェクト「Bored Ape Yacht Club(以下、Bored Ape)」の作品を競売にかけている。

107個のNFT(非代替性トークン)が売りに出されており、サザビーズは最終的に1,200万ドル(約13億円)から1,800万ドル(約19億円)の値が付くことを予想。記事執筆時現在の最高入札額は、450万ドル(約5億円)である。

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ブロックチェーンゲームの「デジタルアイテム」交換などに用いられるのみならず、高額アート作品の所有権証明や、中古販売では実現の難しかった「二次流通市場」における権利者(クリエイター)への画期的な還元手段としても注目を集める。

▶️仮想通貨用語集

今回入札にかけられるコレクションは、Bored Apeの制作スタジオであるYuga Labsが保管していた101種類のNFTをまとめたものだ。Bored Apeの全コレクションは、現在1万点存在しており、今回オークションに登場したのは、その内わずか約1%ということになる。

Bored Apeは、「退屈した猿(Bored Ape)」をモチーフとしたNFTコレクションで、イーサリアムのERC-721規格をベースに作成された。それぞれのNFTは表情、髪型、服装、背景色などが様々に異なっており、唯一のものである。

4月に発売されて以来、購入者がSNSのアイコンとしてNFT画像を紹介したことなども後押しとなって、人気は急上昇。価格も高騰中だ。

「ミュータント」のNFTコレクションをリリース

オークションでは、101点のNFTの他、既存のBored Ape NFTを「ミュータント(変異)」である「Mutant Ape Yacht Club」に変身させる6つの「セラム(血清)」NFTも含まれている。

Yuga Labsは、8月末に一連の「Mutant Ape」コレクションを発表。この際、既存の「Bored Ape」NFT保有者全員に、追加のNFTを作成するためのセラム(トークン)を無料で配布。NFTコレクターは、自分の猿を次々と変身させて、その姿をツイッターなどに投稿していた。

また、新規購入者に向けて1万個の「Mutant Ape」NFTも販売し、売上として1時間で9,600万ドル(約100億円)相当のイーサリアム(ETH)を得ているという。

サザビーズは「Bored Ape」本体のシリーズ以外に、「Bored Ape」本体に無料で付属していた、犬をモチーフとするNFT「Bored Ape Kennel Club」のNFTについてもオークションを同時開催。101個のアイテムが出品されており、150万ドル(約1.6億円)から200万ドル(約2.2憶円)の値がつくと予測されている。

OpenSeaで取引高3位

大手NFTマーケットプレイスOpenSeaのデータによると、現在「Bored Ape Yacht Club」は、様々なNFTコレクションの中で3番目に取引量が多い。

過去30日間の取引量は約93,000ETH(時価約380億円)以上に達している。また「Mutant Ape Yacht Club」も、約64,000ETH(約260億円)の取引量で4位にランクインしているところだ。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します