仮想通貨ウォレットMetaMask、アプリにNFT閲覧機能実装へ

アプリにNFT機能導入へ

暗号資産(仮想通貨)ウォレットMetaMaskは21日、ブラウザーエクステンションとモバイルアプリにNFTの表示機能を導入することを発表した。

MetaMaskはイーサリアムメインネットやArbitrum、Optimistic Ethereum、BSC、ポリゴン(MATIC)アバランチ(AVAX)などさまざまなネットワークにも対応するウォレットアプリで、月間アクティブユーザー数は2,000万人を超えている。

OpenSeaなどのNFT電子市場にアクセスするために、MetaMaskといったウォレットアプリが必須だ。しかし、今まではNFTのアドレスやIDだけ管理可能だったため、アプリ内で自身が持つNFTの画像を閲覧する機能は以前からユーザーからリクエストされていた。

今回、MetaMaskはNFT機能がブラウザーエクステンションとモバイルアプリに導入されるのは「まもなく」だと説明した。また、ウォレット機能の拡充を進めており、昨年10月にはトークンスワップの機能を実装した。

先日、コインベースウォレットもブラウザーエクステンション上でNFTを閲覧する機能を追加することを発表していた。

NFT(非代替性トークン)とは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。メタバースでのファッションアイテムやゲームのアイテム、またアート作品など、幅広く技術が活用されている。

▶️仮想通貨用語集

関連大企業の関心集める「NFT」の魅力とは|主な特徴と将来性を解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します