三菱UFJと連携し日本進出する米最大級仮想通貨取引所Coinbaseの影響とは?

Coinbaseが三菱UFJと連携し金融庁に登録申請
アメリカ最大の仮想通貨取引所であるCoinbaseは、16年7月に同社に10億円強出資した、三菱UFJフィナンシャルグループ(以下、三菱UFJ)と連携し、日本市場の開拓を目指すと日経新聞が報じました。
Coinbase日本参入による影響
機関投資家(大口)に向けたサービスを展開するCoinbaseには、現在日本の仮想通貨業界にはまだないサービスが多く存在します。その影響で、金融機関の参入の加速を促すかもしれません。
Coinbaseとは
30カ国以上でフィアット建ての仮想通貨取引を提供するアメリカの最大手取引所。2018年4月には、Earn.comの買収に際し、自社の企業価値をおよそ「8,500億円」と算定するなどして話題になった。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

Coinbaseが三菱UFJと連携し金融庁に登録申請

アメリカ最大の仮想通貨取引所であるCoinbaseは、16年7月に同社に10億円強出資した、三菱UFJフィナンシャルグループ(以下、三菱UFJ)と連携し、日本市場の開拓を目指すと日経新聞が報じました。

仮想通貨交換業の登録を、年内に申請する予定とのことです。

一方で、申請を行なったとしても開設までは長い時間がかかりそうです。

コインチェックのハッキング事件以降、金融庁の審査基準が厳格化され、審査の時間が長引いている状況のためです。

現在、仮想通貨交換業の登録審査待ちは100社以上とも言われています。

しかし、日経新聞によると、コインベースは、そういった状況だからこそ、セキュリティーや投資家保護の安全性が強みになると判断し、参入を決めた、と報じられています。

Coinbase日本参入の魅力

Coinbaseが日本市場参入の魅力は、以下の3点でしょう。

  1. 法規制遵守
  2. 取引所のセキュリティ
  3. 板取引の提供

法規制遵守

Coinbaseは、bitFlyerも取得するNY州仮想通貨ライセンスBit Licenseを有し、約6年の仮想通貨取引所運営実績がある取引所となります。

Bit LicenseはあくまでもNY州に限定されたライセンスとなりますが、同社は、アメリカの州や国の規制当局とは協力関係にあり、提供するサービス、プロダクトは全て適切なライセンス下にある。と言及するなど法規制遵守の立場を重要視しています。

後述しますが、Coinbaseは仮想通貨取引所だけでなく、複数の仮想通貨、ブロックチェーン関連事業の展開を行う、または予定しており、法令遵守した上での事業展開力は、日本の仮想通貨市場を活気付かせる大きな原動力となる可能性があります。

また仮想通貨取引所でありながら、銀行ライセンスの取得を進めるために、米規制当局と協議を行うなど、世界的にしっかりとした規制が及んでいない仮想通貨の経済システムの中で、積極的に政府関係者との信頼関係の形成に取り組んでいます。

取引所のセキュリティ

兼ねてより高度なセキュリティを有する取引所として有名なCoinbase。

日本でCoinCheck以降、仮想通貨交換業者に対し重要視されている顧客資産管理と取引所プラットフォームのセキュリティと長い運営実績は、海外事業者でありながら日本の交換業者登録ライセンス取得実現に可能性を感じさせる魅力となります。

顧客も秘密鍵を管理することができるマルチシグシステムは撤廃を発表しているものの、98%以上の資産のオフライン管理、またオンライン管理のウォレットへのハッキングには全額保証の保険を設けるなど、管理体制にも徹底的に力を入れています。

板取引の提供

出典:GDAX

本日SBIが提供するSBIVCの限定公開が行われ、同社の取引プラットフォームにも注目が集まりましたが、日本国内の取引所の多くはほとんどが”代理販売形式”もしくは、板取引でも充実した取引量や流動性の欠如が目立つ状況があります。

ユーザー同士が相対して取引を行うことができる取引は、手数料の安さや流動性の高さが担保された状況でのスプレットの低さという魅力があります。

現状の代理販売形式によるユーザー不利の状況からの脱却を望む声も多く、大手取引プラットフォームの日本市場参入は、取引の面でも注目されることは間違い無いでしょう。

Coinbaseの派生プロダクト

Coinbaseは取引所の運営だけでなく、仮想通貨やブロックチェーン派生プロダクト、サービスの提供を行なっています。

日本でのサービス展開が行われるかは現時点ではわかりませんが、簡単にCoinbase社が提供、または予定しているプロダクト、サービスをまとめます。

  1. 仮想通貨eコマースプラットフォーム
  2. Coinbase Custody(Coinbase 保管サービス)
  3. Coinbase Markets(Coinbase 市場)
  4. The Coinbase Institutional Coverage Group (Coinbase 機関投資サービスグループ)
  5. Coinbase Prime(Coinbase プライム)
  6. OTCトレードデスクの開設
 

1の仮想通貨eコマースプラットフォームは、仮想通貨決済を行うためのものです。

Coinbaseで取り扱っている「ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン」が決済通貨として導入予定ですが、同一決済方法で複数通貨の決済導入ができるプラットフォームは魅力となります。

日本でも取引所による仮想通貨決済導入は進んでいますが、小売業者にとって利用する選択肢が広がることになります。

2から6は機関投資家(大口)に向けたサービスの展開ですが、現在日本の仮想通貨業界にはまだないサービスが多く存在します。

特に重要なのはCoinbase Custody(Coinbase 保管サービス)です。

カストディサービスは簡単に説明すると、顧客の代わりに資産を保管・管理するサービスで、米国大手金融機関が通貨の取引ではなく、先物などの派生商品に留まっている大きな理由とも言われています。

それほど仮想通貨資産管理は、リスクが高いと捉えられており、Coinbaseによるカストディサービスが米国だけでなく、日本での展開が始まれば、金融機関の参入の加速を促すかもしれません。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加