イタリア大手銀、ビットコイン取引提供へ=報道

大手銀、ビットコイン取引を開始か

イタリアの大手プライベートバンクBanca Generali(バンカ・ゼネラリ)は今年から銀行口座内から暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)の取引を提供することがわかった。資産運用メディアWeWealthが報じた。

バンカ・ゼネラリはイタリアの大手銀行。富裕層向けにサービスを展開しており、資産運用残高(AUM)は約10兆円(821億ユーロ)にのぼる(21年9月末時点)。

仮想通貨ウォレット企業Conioのプラットフォームを同社のモバイル・アプリと統合することで、顧客の銀行口座から直接ビットコインの売買が可能になるという。

バンカ・ゼネラリのRiccardo Renna COOはConioとのプラットフォーム統合について、以下のようにコメントした。

2022年初頭には統合を完了させる予定だ。完了次第、我々の顧客は、アプローチを誤ると危険にあり得る資産クラスを「安全に」運用できるようになる。

Conioは米国に拠点を置く仮想通貨ウォレット企業。カストディ事業も展開しており、2020年12月にはバンカ・ゼネラリが同社との企業提携という形で株式取得を表明。当時から仮想通貨領域のサービスをバンカ・ゼネラリのプラットフォームでも提供する方向で進んでいた。

また、2020年時点ではバンカ・ゼネラリのGian Maria Mossa CEOは以下のように述べていた。

今回の提携は、技術面でも経営面でも重要な動きとなる。我々は、金融市場の将来的な構造は、多くの分野での革新を可能にし続けるブロックチェーン技術によって影響を受けると予測している。

プライベートバンクとは

プライベートバンクとは、富裕層を対象にサービスを提供する銀行を指す。主な業務は資産保全と資産運用。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します