米コインベース、今年初の銘柄新規上場

Goldfinch Protocol(GFI)が上場

米最大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースPro(Coinbase Exchange)は12日、2022年初の銘柄の新規取扱を発表した。

新たに取り扱う対象は、Goldfinch Protocol(GFI)で、取引は本日始まる。

また、通貨ペアは、GFI-USD、GFI-USDT、GFI-EURとして提供される。

Goldfinch Protocolはイーサリアム(ETH)基盤の分散型クレジットプロトコルで、担保を要しないビジネス融資を提供。GFIは同プラットフォームのガバナンストークンで、プロトコルに関する投票やステーキングといった機能が設けられている。

Goldfinchは先日、米大手ベンチャーキャピタルa16zやコインベースベンチャーズ、Blocktowerから28.8億円調達した経緯がある。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します