クラーケン・ジャパン、仮想通貨3銘柄を取扱開始

3銘柄の取扱開始

国内暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン・ジャパンは12日、オーエムジー(OMG)・ベーシック・アテンション・トークン(BAT)・チェーンリンク(LINK)の3銘柄の新規上場を発表した。

いずれも取引所と販売所で、日本円(JPY)、米ドル(USD)、ユーロ(EURO)建の通貨ペアで提供する。

OMG Network(OMG)は分散型ソリューションを提供するプロジェクト。イーサリアム(ETH)ネットワークの送金停滞やガス代の高騰など、スケーラビリティ問題の解決を目指すレイヤー2となっている。

ベーシック・アテンション・トークン(BAT)は人気ウェブ・ブラウザ「Brave(ブレイブ)」内で獲得できるERC-20規格トークン。

チェーンリンク(LINK)はDeFi(分散型金融)領域では主要なオラクルプロバイダーの一つ。スマートコントラクトと外部データの橋渡し的役割を担う。

これにより、クラーケン・ジャパンの取り扱い通貨は以下の通りとなる。

クラーケンとは

米クラーケンは2011年に設立された業界での最古の歴史を持つ取引所の1つ。2014年からは日本でも仮想通貨取引サービスの提供を開始。

2018年時には一時サービス終了を余儀なくされたが、2020年9月には日本法人Payward Asia株式会社が交換業者としての登録を完了。再び口座開設を再開していた。

関連:米Kraken日本法人Payward Asiaの暗号資産取引所、口座開設可能に

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します