米銀行団体初のステーブルコイン、USDF発行へ

銀行初のステーブルコイン

米国の銀行団体は12日、初めての銀行発行となる暗号資産ステーブルコイン「USDF」を発表したことがわかった。

USDFの発行を行うのは、USDFコンソーシアムという団体で、FirstBank、Sterling National Bank、New York Community Bank、Synovusといった米国の中小規模銀行から構成されている。

USDT(テザー)やUSDC(USDコイン)といった主に仮想通貨市場で利用されるステーブルコインはいわゆる「ノンバンク」企業が発行するもので、米財務省が金融システムにリスクをもたらし得ると懸念している中、USDFコンソーシアムは「伝統的金融機関として、ステーブルコインにおける消費者保護や規制課題を解決していく」と説明した。

関連米財務長官、仮想通貨やステーブルコイン規制の方針を説明

USDFはUSDTやUSDCのように米ドルと1:1の価値としてペグされる。

上述した銀行らの顧客は連邦預金保険公社(FDIC)によって保証されているが、今回の発表では、USDFの裏付け資産やカストディといった発行関連の詳細については説明していない。

また、USDCなどと違って、イーサリアム(ETH)ブロックチェーンではなく、パブリックブロックチェーン「Provenance Blockchain」を利用。ユースケースについては通常のP2PやB2B送金だけでなく、キャピタルコールやサプライチェーンファイナンスなどといった幅広い分野のDeFi応用事例もあるとしている。

最初にUSDFを発行する予定をしているのはNew York Community Bankだ。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します