下落時に買い増す新たなクジラが出現か|世界第6位のBTC保有量

新しい巨鯨が観測される
5月30日時点で、93,947BTC(約800億円)を所有するビットコインアドレスが出現。3月下旬の下落相場から断続的な買い増しを行なっており、保有者の正体、及び目的に関して、さまざまな憶測が飛び交っている。
クジラとは
経済用語のスラングであり、市場に大きな影響を与えるほどの”巨額マネー”を動かす機関投資家のことを指す。日本の株式市場では、150兆円規模の運用資産額を有する「GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)」を始め、3共済、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険などが、クジラと呼称されている。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

世界第6位のBTC保有アドレス

中国のブロックチェーンメディア「BABI Finance」は、5月30日時点で、ビットコインアドレス【1KAt6STtisWMMVo5XGdos9P7DBNNsFfjx7】が、93,947BTC(約800億円)を所有し、世界有数の仮想通貨取引所(Bitfinex、Binance、Bittrex、Huobi、Bitstamp)に続く、世界第6位のBTC保有アドレスとなっていることを報じました。

出典:bitinfocharts

BABI Financeによると、大量のビットコインは、仮想通貨市場が急落していた時期となる2018年3月25日から着々と集められており、そのうちの15,234BTCは、仮想通貨取引所Huobiから、3,427BTCは仮想通貨取引所HaoBTCから、7,800BTCは複数の小規模アドレスから調達したとされます。

また、その他の67,485BTCは、大口の投資家を対象とした大量販売を行う組織のものとされる14個のビットコインアドレスから送金されているようです。

6月4日時点で、8,000BTCが売却されたことから残高は85,947BTCとなっていますが、それでもその時価総額は、6.57億(約717億円)に到達しています。

飛び交う憶測

このビットコインアドレス保有者に関しては、様々な憶測が飛び交っており、情報源のBABI Financeでは、以下のように記述されました。

このアカウントを所有する人物の正体は不明だが、”匿名性”はビットコインネットワークの魅力の一つであると言える。

金融市場の概念からすれば、このアドレスを保有するのは、長期投資を行う金融機関ではないかと予測している。

BABI Fiananceの記述によれば、仮想通貨市場で大口顧客対象の販売を行う関係者が、「BTCを購入したのは、ドバイの大手エージェントである」としているようですが、そのエージェントを使用した顧客が誰であるのかは判明していません。

また、使用された仮想通貨取引所がどちらも中国系の取引所であることから、「中国における新たなクジラの誕生である」との臆測も流れましたが、やはり証拠不十分であると言えるでしょう。

そのほかの憶測では、「どこかの仮想通貨取引所がコールド・ウォレットを開設したのではないか」する声も上がってきていますが、BTCがHuobiおよび、HaoBTCという2つの仮想通貨取引所から送金されていることから、その可能性は低いとされています。

このビットコインアドレスを所持する個人、あるいは組織が仮想通貨取引所でなかった場合、取引所以外でBTCを所有する最大級のアドレスとなるため、どのような目的があるのか注目されます。

CoinPostの関連記事

仮想通貨市場と3頭の「クジラ」|巨大金融機関参入の機運高まる
先日、世界3大投資家のジョージ・ソロス氏や、世界的財閥であるロックフェラーやロスチャイルドが仮想通貨市場に参入する可能性が報道されました。彼らの経歴と、世界的投資家や財閥が仮想通貨業界に参入する可能性について考察します。
仮想通貨市場の『クジラ』が数千億円規模のビットコインを買い注文か
米サンフランシスコにある通称:クリプトキャッスルの住人「Gardner」氏は、OTC取引におけるビットコインのブロックにて、数十億ドル(数千億円)規模にも及ぶ巨額の取引ブロックを発見。そのことをTwitterで報告したことで、ブル相場のキッカケとなった可能性があります。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加