仮想通貨取引所FTX、2,300億円規模のファンドを立ち上げ

FTXの大型ベンチャーファンド

大手暗号資産(仮想通貨)取引所FTXは14日、「FTXベンチャーズ」という投資部門を設立し、2,300億円規模のファンドを立ち上げたことを発表した。

新規ファンドはWeb3.0(分散型ウェブ)及びブロックチェーンのグローバル普及を推進することを目指す。主にソーシャル、ゲーミング、フィンテック、ソフトウェア、ヘルスケアといった領域に投資するという。

ファンドの立ち上げに伴い、FTXは大手VCのLightspeedのパートナーのAmy Wu氏をFTXベンチャーズの責任者に起用。Lightspeedは昨年11月、FTXと提携し、113億円規模のブロックチェーンゲームファンドをローンチした経緯がある。Lightspeedの運用資産総額は1.1兆円に及ぶ。

関連FTXやソラナベンチャーズ、110億円規模のメタバースファンドをローンチ

Wu氏はThe Blockの取材でFTXベンチャーズは仮想通貨関連企業に集中的に戦略的出資を行うが、FTXの戦略に必ずしも合わせることはないと話した。

また、Wu氏は自身のSNSで、FTXベンチャーズを率いるほか、FTXのゲーミング、M&A、及びその他のWeb3.0のイニシアチブもリードすると説明した。

今回のような大型ファンドの立ち上げ事例は他にもあった。昨年11月、大手仮想通貨VCのParadigmは総額2,800億円規模の投資ファンドを発表した。現在仮想通貨業界のファンドランキングにおいては、Paradigmの2,800億円ファンドが1位で、a16zの2,400億円規模のファンドが2位、そしてFTXベンチャーズの今回のファンドが3位にランクインする。

関連業界最大規模、仮想通貨VCのParadigmが2,800億円ファンドを発表

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します