米決済大手NCR、仮想通貨売買機能をATMなどに導入計画

LibertyXを買収完了

米エンタープライズ決済大手NCRは13日、ビットコインATMオペレーターLibertyXを買収完了したことを発表した。これから、ビットコイン(BTC)を含む暗号資産(仮想通貨)の売買・送金機能を銀行や信用組合向けのATMや小売店のPOSシステム(商品が販売された時点の情報を管理するシステム)に統合する予定だ。

NCRとは

NCRとは、旧称:National Cash Registerのことで、1884年に創業された決済関連企業。主に銀行や信用組合に向けて、POSシステム、現金自動預け払い機、小切手処理システム、バーコードリーダー、オフィスの消耗品などを販売している。

▶️仮想通貨用語集

この買収に関しては昨年8月に報じられたもので、当時はLibertyXと決定的な合意に至ったことが発表された。また、LibertyXが提携するATMプロバイダーはCardtronicsで、NCRは昨年1月にCardtronicsを2,700億円で買収した経緯がある。CardtronicsのATMは全米のコンビニや薬局、スーパーなどで利用されている。

関連ビットコインATMオペレーター、米エンタープライズ決済大手が買収へ

NCRは今回の発表で、「当社はPay360プラットフォームでLibertyXの仮想通貨機能を銀行や小売店、レストランの決済端末に提供する」と説明した。NCRのATMは米国では約70%のシェアを占めており、140ヶ国で75万台以上運用されている。

NCRは仮想通貨業界への参入に対して積極的だ。昨年7月、同社は仮想通貨投資企業NYDIGと提携し、NCRのサービスを利用する全米650銀行の顧客に仮想通貨取引を提供する計画も報じられていた。

関連米、数百の銀行の顧客が仮想通貨取引可能へ 決済大手NCRとNYDIGが提携

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します