プラダ、adidas OriginalsとコラボNFTを発行へ

プラダ x adidas Originals

イタリアの高級ファッションブランド「プラダ」はadidas Originalsとコラボレーションし、NFT(非代替性トークン)を発行する計画がわかった。(*本記事は21日に内容更新された)

内容は、NFTのインフルエンサーgmoney氏がSNSに掲載したビデオによるもの。gmoney氏はadidas Originalsが昨年発行した同ブランド初のNFT「Into The Metaverse」でもコラボレーションに参加した人物で、プラダが16日に開催した「Prada FW22」ファッションショーにも招待された背景がある。

コラボNFTに関する詳細は不明だが、リサイクル素材を展開する「Prada Re-Nylon」のロゴ、そして「ADIDAS:PRADA,RE-SOURCE」というフレーズが表示されている。

ハイブランドがポップカルチャーブランドと提携しNFTをリリースする事例は他にもある。同じくイタリア著名ブランドの「グッチ」は先日、アート・トイメイカーのSuperplasticと提携し、NFTおよびセラミックフィギュアを2月1日にリリースする予定を発表した。

関連adidas Originals、NFTの初期ロードマップを公開

関連大企業の関心集める「NFT」の魅力とは|主な特徴と将来性を解説

公式発表

adidas Originalsは21日、プラダとのコラボレーションNFTに関する詳細を発表した。

コラボレーションは「ADIDAS FOR PRADA RE-SOURCE」といい、デジタルアーティストZach Lieberman氏との協業で実現する。

詳細については、このNFTプロジェクトはポリゴン(MATIC)でローンチされることになり、3,000名の参加者から募集した写真を1つのNFTキャンバスになる。

日本時間1月24日22時に、待機リストにサインアップすることができるようになる、応募者から3,000の参加者を抽選。仮想通貨ウォレットの接続でサインアップした参加者はLieberman氏が提供するカメラのフィルターを利用し写真(自由選択)をアップロードする。そして、当選した参加者は26日に、ウォレットからポリゴンのネットワークでサイトに接続させて、アップロードした写真をNFT化することができる。NFTの発行については手数料など一切発生しないという。

抽選については3のグループに分けられる。グループ1は、adidas Originalsが昨年12月に発行したNFT「Into The Metaverse」の保有者から1,000名。こちらでは20日にスナップショットが撮られた。グループ2は「Into The Metaverse」の購入時にトランザクション失敗だったユーザーから500名。そしてグループ3はグループ1とグループ2以外のウォレットアドレスから500名となる。

adidas Originalsは参加者を「共同クリエイター」にすることを目的として今回の参加方法にしたと説明。

写真のNFTを発行した3,000の参加者には、キャンバスの二次販売から売り上げの3%、およびキャンバスの最初のオークション売り上げから15%(3,000名で均等)受け取ることができる。オークションは1月28日に、NFT電子市場「SuperRare」で行われる予定だ。

また、オークション売り上げの80%は「Slow Factory」という非営利団体に寄付される。

*より詳しい情報は公式ディスコードから取得できる。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します