ビットコイン市場のRSI、過去2年間で最低水準に

仮想通貨市況

米連邦公開市場委員会(FOMC)を25,26日に控え金融市場の様子見基調強まっている。発表前後にボラティリティ(価格変動性)上昇が懸念されるためだ。

歯止めの掛からぬ物価高など国民生活に影響を及ぼす中、インフレ抑制の観点から今年3月の早期利上げ開始観測が強まる。

一方、金融引き締めは景気減速を招くとの見方から、金融緩和の恩恵で大きく値上がりしてきたグロース株からの資金抜けが目立っている。株式市場における個人投資家の信用維持率がさらに毀損すれば、強制決済や追証回避売りなどが相次いでオーバーシュートした20年3月のコロナ・ショック時同様、相場のさらなる下押し圧力となりかねない。

ビットコイン価格は24日、前日比+0.94%の403万円(35,395ドル)と微反発した。

BTC/USD日足

相場の過熱感を示すRSI(相対力指数)は、2年前のコロナ・ショック以来の最低水準に達するなど売られすぎシグナルが出ており、短期的な反発も見受けられる。

RSI推移

データサイトCoinglassによると、過去3日間で15億ドルを超えるビットコインのポジションがロスカット(清算)された。前週比-19%もの下落幅は21年5月以来。

Coinglass

現時点では週足・月足を含め下落トレンドの真っ只中にあり、シビアな局面が続く。仮想通貨市場と米国株式市場の相関係数(連動性)が高まる中、グロース中心に構成される「ナスダック100指数」が過去最高値から-10%超でようやく調整局面入りといった高値圏にある点も気がかりだ。

ナスダック100指数

これに対してビットコイン価格は過去最高値からの下落幅-50%超に達しており、ナスダック市場が崩壊した場合にどこまで持ち堪えられるかどうか懸念される。

21年5月の暴落を予想したDave the Wave氏は、三尊天井からの下落幅を見越したワーストシナリオとしては、30,000ドル水準を割り込み、25,000ドル水準までの下落もあり得るとの見立てを示した。

Dave the Wave

仮想通貨プラットフォームAllnodesの最高責任者であるKonstantin Boyko-Romanovsky氏は、「伝統金融市場(株式市場)との相関性の高まりは、企業への導入が進んでいる証でもある。ブロックチェーン技術がさらに発展するにつれ、投資家に確信を与えるはず」と述べ、前向きな兆候も見受けられるとした。

FOMC通過でパウエル議長講演内容が市場想定の範囲内であれば、下落が一服し相場は落ち着きを取り戻すとの見方もある中、金融マーケット全体が様子見ムードの様相を呈している。

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します