米ロビンフッド、仮想通貨サービス拡大の意向=4Q決算報告

今後も仮想通貨サービスの拡大目指す

米人気投資アプリのロビンフッドは27日、2021年第4四半期の決算報告を発表。暗号資産(仮想通貨)取引による収益は減少していたが、今後も仮想通貨関連サービスの拡大を目指すとしている。

ロビンフッドの21年4Qにおける総収益は、3億6,300万ドル(約419億円)で、20年同期の3億1,800億ドル(約367億円)と比較して増加した。

一方で、2022年第1四半期の予測収益は、金融業界の期待を下回っていた。ロビンフッドは、22年1Qの収益を、3億4,000万ドル(約392億円)と見積もった。業界が予想していた4億4,820万ドル(約517億円)を大幅に下回った格好だ。

また、21年4Qには、仮想通貨がロビンフッドの取引ベースの収益に占める割合がわずかに減少している。21年3Qでは、仮想通貨は取引ベース収益の約19%を占めていたが、4Qでこの割合は約18%だった。

21年4Qの、仮想通貨による取引ベースの収益は、前年同期と比較して304%増加して4,800万ドル(約55億円)を記録。ただ、21年2Qには2億ドル(約230億円)を突破しており、この最高値と比べると低水準だ。

なお、21年2Qの最高値は、主にドージコインへの関心が高まっていたことが大きい。同期では、ロビンフッドの仮想通貨取引収益の62%がドージコインによるものであり、このトークンへの関心が一服すると共に、21年3Qより取引収益も減少した格好だった。

関連米ロビンフッド3Q決算報告、仮想通貨収益が低下

ドージコインとは

2013年にジョークとして開発された柴犬をモチーフにした仮想通貨。2021年2月にイーロン・マスク氏が、ツイッターでドージコインについて盛んに投稿したことをきっかけとして人気が急上昇した。パロディ通貨としての側面を持つ一方で、通貨の開発・改良も積極的に行われている。決済スピードが速く、発行上限枚数が定められていないことが特徴。

▶️仮想通貨用語集

ライバル企業である大手仮想通貨取引所コインベースは、ドージコインの次に人気が高まったミームコインである、SHIBトークンも扱っている。

ロビンフッドでも、一部でSHIBトークンの上場が期待されているところだが、決算説明会の場では、SHIBトークン追加の予定について、特に発表はなかった。

ミームコインとは

インターネット上で話題になることで人気を集めるコイン。代表的なものにイーロン・マスク氏がSNSで言及することで取引量が急増したドージコイン(DOGE)がある。2020年にドージコインを踏まえてリリースされたSHIBA INU(SHIB)も存在。

▶️仮想通貨用語集

ウォレットやグローバルなサービスの提供を計画

現在は仮想通貨取引収益が伸びていない状況だが、ロビンフッドは、2022年も仮想通貨サービスの提供を拡大しようと計画している。

ロビンフッドは決算報告で以下のように述べた。

当社は、2022年に世界のユーザーに仮想通貨プラットフォームを提供するために、積極的な目標設定を行った。

私たちは、仮想通貨経済圏の計り知れない可能性を信じており、世界中のユーザーにサービスを提供することに大きなチャンスを見出している。

ロビンフッドは、仮想通貨ウォレットを今年の第1四半期に公式リリースすることを目指している。20日はベータ版をリリース済で、3月には試験運用を、参加者1万人の規模まで拡大する計画だ。

関連米ロビンフッド、仮想通貨ウォレットベータ版を開始

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します