米ロビンフッド、仮想通貨ウォレットベータ版を開始

ウォレットプログラム開始

米人気投資アプリのロビンフッドは20日、暗号資産(仮想通貨)のウォレットのベータ版をリリースしたことを発表した。

これまでロビンフッドのアプリでは、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)、ドージコイン(DOGE)などの銘柄は取引できるが、外部ウォレットへの出金と外部からの入金は未だ不可能だ。

ベータ版では、まず「参加予約窓口」から1,000人を試運転に参加させて、3月には1万人の参加規模まで拡大する計画だ。また、ベータ版では安全な環境で行うため、1人あたり最大で10回の出金、および合計2,999ドルの出金額と制限する。

関連米ロビンフッド、仮想通貨ウォレットを計画

ロビンフッドは現在、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ドージコイン(DOGE)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ビットコインSV(BSV)、イーサリアムクラシック(ETC)の7銘柄を取り扱っており、仮想通貨のほかにも、5,000以上の株式銘柄やETF、オプション取引を提供している。

関連米ロビンフッド、初の仮想通貨関連企業買収

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します