16年のBitfinex流出ビットコイン、約3,000億円相当が移動か

ビットコインを移動か

大口送金や注目度の高いトランザクションを報告するSNSアカウント『Whale Alert』は1日、2016年に暗号資産(仮想通貨)取引所Bitfinexのハッキング被害で不正流出したビットコイン(BTC)が、移動したことを報告した。

今回の移動は21回に分け、合計で6万4,643BTC(現在のレートで2,880億円相当)が不明なウォレットに送金されている。盗難されたビットコインのうち、現在もまだ動いていないのは14BTC。今回で、不正流出したビットコインの99.9%が移動したことになる。

Bitfinexから不正流出したビットコインは、合計でおよそ12万BTC(現在のレートで5,350億円相当)。当時のレートは1BTC=約6万円で、72億円相当だった。これまでも度々、対象のビットコインが移動したことは報告されている。

関連2016年にBitfinexから盗難されたビットコイン、690億円相当が移動か

CoinPostの提携メディア『The Block』によると、Bitfinexの担当者は「現在も世界の法執行機関や取引所、ウォレット企業と協力し、盗難されたビットコインが取り戻せるように努めている。これまで約50BTCを取り返した」と説明したという。

ウォレットとは

仮想通貨のウォレットとは、仮想通貨専用の電子財布のこと。主に仮想通貨を保管するために利用される。

▶️仮想通貨用語集

売却は困難か

今回のビットコインの移動に関する情報は、採用する時間軸によって相違している。ブロックチェーン分析企業Ellipticは「23回に分け、94,643BTC(現在のレートで4,200億円相当)が移動した」と見ている。

Ellipticは「盗難されたビットコインは時間をかけて資金洗浄されており、即座に売却される可能性は低いだろう」と説明。送金が追跡されているため、現金化が難しい状況にある模様だ。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します