寒波到来の米テキサス州、一部のビットコイン採掘停止

主要マイニング企業が対応を発表

米国のテキサス州で運用を行っている暗号資産(仮想通貨)マイニング業者で、運用規模を削減・停止する動きが出ている。背景にあるのが、州の電力事情に影響を及ぼすと考えられている冬の嵐の到来だ。

なお、削減の動きは、数日前からのものであり、金曜日の朝に行われたテキサス州アボット知事の会見によると、電力網は問題なく機能していると報告されている。

北アメリカを拠点とする大手マイニング企業のライオット・ブロックチェーン(Riot)は、テキサス州ロックデールで稼働する施設の稼働を98~99%削減したと複数メディアに明かした。

また、ライオットはツイッター上で次のように声明を発表し、施設では400人の雇用を生み出していると付け加えて、地元の理解を求めた。

テキサス州で発展してきた最大のビットコインマイニング業者として、ライオットはウィンストン施設のビットコイン・マイニングの運用を削減し、冬の嵐の期間中のERCOTの送電網をサポートする。

ERCOTとは、テキサス電気信頼性評議会の略称で、同組織は、テキサス州の電力負荷の90%を供給している。

ライオットの他にも、テキサス・ブロックチェーン評議会(TBC)のメンバー、Nathan Nichols氏は、電力負荷の削減を行っているとツイッター上で明らかにしている。同氏はテキサスを拠点とするマイニング企業のRhodiumの共同創設者でもある。

批判の回避や経済的インセンティブも狙いに

安価な電力を提供し、暗号資産の受け入れに前向きな姿勢を持つテキサス州は多くのマイニング企業が集まる地域となっている。

関連:テキサス州知事候補、州政府のビットコイン保有や法定通貨化検討を主要政策に

一方で、ビットコインは、そのPoWアルゴリズムが電力を浪費しているとの批判にさらされてきた。また、テキサス州では、2021年にも大規模な停電を経験し数百人の死者が出るなど大きな被害が出ている。

こういった二つの事象を結び付けた批判の増加を防ぐことが、今回の迅速な措置の狙いのひとつと考えられる。

また、電力需要の調整のために取引に応じることで経済的なインセンティブがもたらされるため、マイニング企業にとってはメリットも大きいという。

インターネットにインフラを提供する一般的なデータセンターは、恣意的に施設の稼働を調整することが難しい一方で、純粋な利益に基づいて自由に施設を運営できるマイニング企業は、電力負荷の安定を模索する電力会社の良きパートナーとなっている模様だ。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します