カザフ当局、仮想通貨採掘業への課税強化を検討

仮想通貨マイナーへの課税強化を検討

カザフスタン共和国の当局は、ここ数日、ビットコイン(BTC)などのマイニング事業者に対する課税を強化する方針を打ち出している。

4日に地元メディアのKazinformが報じたところによると、カザフスタン当局は仮想通貨マイニング事業者への電力税を1キロワットあたり1テンゲから5テンゲ(約0.27円から1.34円)に引き上げることを検討しているという。

さらに、カザフスタンの第一財務次官であるMarat Sultangaziev氏は、マイニング事業者が採掘報酬を獲得したか、マイニング機器の電源をオンにしていたかには関わらず、毎月、設備に対する税金の支払いを課すことを提案した。カジノ運営者が、その持つ設備に対して税金を支払うのと同様に考えられるという。

カザフスタンのデジタル開発大臣であるBagdat Musin氏も3日、個人のフェイスブックに無登録のマイニング事業者に対する苦情を投稿していたところだ。

Musin氏は投稿で、「グレーなマイナーは、カザフスタンの電力システムに深刻なダメージを与えている。違法採掘の電力コストは、1ギガワットを超えると推定される」と言及。登録していないマイナーを知っている場合は、自分の事務所に報告するよう呼びかけた。

カザフスタンの現在の規則では、「グレーなマイニング事業者」と「ホワイトなマイニング事業者」が区別されている。ホワイトマイナーとは、デジタル開発省に登録した事業者のことだ。同省は2021年末頃より、仮想通貨マイニング事業者の当局への登録を推進している。

マイナーへの電力供給を一時停止

カザフスタン政府は、冬季の電力需要ひっ迫を背景にして、1月末までのほとんどの期間、仮想通貨マイニング事業者への電力供給を遮断していた。

一部の地元のマイナーが仮想通貨メディアThe Blockに語ったところによると、インターネットへのアクセスは回復したものの、電力は依然として不足しているという。

BlockchainKZで、マイニングに関するコンサルタントを行っているMakhat Serikuly氏は「我々はオンラインに戻ったが、電気供給はまだ抑制されている」と述べた。

マイナーのKanat Amren氏も、「電気がなければ仕事はできない。現在のところ、ホワイトマイナーは電気を止められている」とコメントしている。

21年にハッシュレートが急成長

カザフスタンは中央アジアに位置する国で、中国政府がマイニングへの取り締まり強化を打ち出して以降、マイナーの移転先として注目が高まった。

ケンブリッジ大学の統計によれば、カザフスタンの仮想通貨マイニング事業は、21年8月時点で、世界のビットコインハッシュレートの、約18%を占めるまでに成長していた。

ロシア(約11%)やカナダ(約10%)を抑え、一位の米国(約35%)に次ぐ割合である。

しかし、地元のマイナーによると、カザフスタンの規制状況の先行きが不透明になるにつれ、マイニング事業者は、米国やロシアへの移転を希望するようになっているという。

ハッシュレートとは

マイニングの採掘速度のこと。日本語では「採掘速度」と表現される。単位は「hash/s」。「s」は「second=秒」で、「1秒間に何回計算ができるか」を表す。マイニング機器の処理能力を表す際や仮想通貨のマイニングがどれくらいのスピードで行われるかを示す指標として用いる。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します