サザビーズ、「CryptoPunks」計100点以上を競売予定

サザビーズの初NFTライブ競売

老舗オークションハウスのサザビーズは、イーサリアム(ETH)チェーン上で最も古いコレクティブルNFTの一つ「CryptoPunks」計104枚のオークション(競売)を2月23日に実施予定であることがわかった。

2月24日追記:今回のオークションは中止となった。売り手である人物がSNSで、「やはり、ホルドすることにする」とコメントした。

競売はニューヨークのサザビーズで行われる予定で、サザビーズ初のNFTライブ競売になる。また、今回の競売はサザビーズが昨年10月にローンチした「サザビーズメタバース」で実施されることになるという。

サザビーズメタバース(Sotheby’s Metaverse)とは、サザビーズの専門家がキュレートするNFT(非代替性トークン)コレクションを販売するプラットフォームで、イーサリアム(ETH)、ビットコイン(BTC)ステーブルコインUSDC、および法定通貨による決済が可能だ。

同社は昨年9月にも、高額なNFT競売を実施した背景がある。当時は「 Bored Ape Yacht Club(BAYC)」計104点が約22億円で落札された。今回のCryptoPunks競売については、約23億円〜35億円で取引される見込みだ。

関連NFTコレクション「CryptoPunks」の1つ、11億円で取引

サザビーズは2021年から様々なNFT作品の競売を手がけ、年間では114億円の販売額を記録している。

関連老舗オークションハウス「サザビーズ」、2021年にNFTで100億円以上を売り上げる

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します