YouTube、分散型ウェブ(Web3)のディレクターを募集

Web3に本腰

大手動画共有プラットフォームYouTubeは、Web3.0(分散型ウェブ)事業を率いるディレクターを募集開始したことが明らかになった。メタバース(仮想空間)進出の本格化と見られる。

4日前からLinkedinにディレクターの募集ページが掲載されており、「YouTubeにおけるWeb3.0のロードマップ、ヴィジョン、戦略を定義し実行する役目」と記述されている。

応募条件については、15年以上のプロダクトマネージメント経験、及びインターネット消費者プロダクトにおける経験を求め、「仮想通貨、NFT、トークン等の売買・保有の経験」を持つ人物を優先的に選考するとしている。また、仮想通貨、ブロックチェーン、コンセンサスメカニズム、NFT、その他のWeb3.0技術に対する理解と専門的知識も条件になっている。

YouTubeのNeal Mohan最高製品責任者(CPO)は先週、発表された2022年のサービスのロードマップでも、Web3.0の可能性に言及。クリエイターのコンテンツ検証や収益化にNFTを利用したり、YouTubeの体験をより「実体感のある」ものとするためにメタバース(仮想空間)を導入する意欲を示した。

関連YouTubeロードマップ2022「Web3.0やNFTはクリエイターに新たな機会をもたらす」

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します