オラクル・レッドブル・レーシング、仮想通貨取引所ByBitとスポンサー提携 ファントークン発行見据える

レッドブルのスポンサーに

オラクル・レッドブルレーシングは16日、暗号資産(仮想通貨)取引所Bybitとのスポンサー契約の結を発表した。仮想通貨に関する教育活動や、レッドブルのファントークンの発行をサポートする。

これによりBybitは、複数年契約のレッドブル最大級のチームパートナー(プリンシパルチームパートナー)となった。具体的な金額は明かされていないものの、仮想通貨企業のスポーツチームへのスポンサーとしても最多の契約額であるとレッドブル側は説明。スポンサーとしてロゴをレーシングカーに掲載するほか、多方面で協力するという。

レッドブル・レーシングは昨年4月、大手クラウドインフラストラクチャ企業であるオラクル(Oracle)と戦略的パートナーシップを締結。2022年3月より、公式クラウド・インフラストラクチャ・パートナーとして契約した。

また、今回の提携でBybitは、レッドブルレーシングのチーム・テック・インキュベーター・パートナーに指名された。仮想通貨に関する教育活動やブロックチェーン業界における女性の支援、STEM領域でのサステナビリティやダイバーシティ向上を目指す。

さらに、今後ファントークンを発行する際にはBybitがパートナー企業になることを明かした。

今回の提携について、レッドブルレーシングのChristian Horner CEOは以下のようにコメントした。

2022年、F1が新世代に入り、ゲームチェンジが期待されるようなマシンが登場する中、Bybit社もテクノロジーの最先端に存在している。彼らは技術革新の最前線に立ちながら、競争のペースを作り、現状を打破するという我々の情熱を共有している。

またBybitは、デジタル技術の革新を通して、F1のファン体験を盛り上げるための構想も持っている。これはチームにとっても重要な使命であり、Bybitのサポートにより、世界中のファンとチームがより深く、より没入感のあるユニークなつながりを構築することにつながるだろう。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します