ビットコイン大幅続落、地政学リスクの高まりで仮想通貨市場全面安

仮想通貨市況

ウクライナ情勢を巡る地政学リスクの大幅悪化に伴い、米株価指数先物は時間外取引で下落。ロシア株は前日比-13%急落したほか、欧州株全面安で市場心理が悪化した。

東京株式市場(前場)では、日経平均株価が前日比600円安と大幅下落した。

ロシアが、親ロシア派武装勢力が実効支配するウクライナ東部のドネツクとルガンスクについて共和国としての独立を承認、国防省にロシア軍派遣を指示したことで市場のリスクオフが加速した。国連安全保障理事会は、これを受け緊急会合を開催する方向で調整に入っており、経済制裁による世界経済への影響も懸念される。

ウクライナとの軍事衝突、及び戦争に発展した場合、欧米による経済制裁とロシアによる報復措置から、世界的なサプライチェーンの混乱のほか、天然ガスや原油などの供給逼迫によりエネルギー価格高騰は免れず、世界的な物価上昇圧力からインフレーションが加速するおそれが高い。

21日には、バイデン米大統領とプーチン露大統領の首脳会談が調整中との情報が伝わり、24日に米露外相会議が予定されているが、首脳会談についてロシア側は「具体的な計画はない」と表明した。

ウクライナ情勢の緊迫化を受け、安全資産とされる金相場は、1トロイオンス=1900円台を回復。2011年の高値水準まで上昇した。(下図)

XAU/USD月足

地政学リスクに加え、インフレに強い資産として、米FRB(米連邦準備制度)の金融引き締め局面の影響を見越したヘッジ的な買いも入っているものとみられる。過去最高値は、20年8月に記録した2074.98円。

対照的に、有限の市場供給量からデジタル・ゴールドの性質を有するビットコインは、リスクオフ局面では米株指数及びナスダック市場との相関を急速に高めるなど、「リスク資産」としての評価が根強い。22日の暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン価格は前日比5.85%安の425万円(36,942ドル)と大幅下落した。

BTC/USD日足

直近安値の32,933ドルを下回った場合、心理的節目の30,000ドルのほか、サポートライン(下値支持線)として21年6月の最安値28,880ドルが意識されることになる。

万が一戦争に発展した場合は、テクニカル分析が効く保証はなく、20年3月のコロナ・ショックのように投資家が狼狽する可能性も十分あり得る。相場の不確実性が極限まで高まっている以上、可能な限りリスクを軽減して、資産を守ることを優先する局面と言えるだろう。

大手暗号資産(仮想通貨)取引所Huobiグループの共同創設者であるDu Jun氏は、「過去のトレンドサイクルから見れば、現在はベア相場の入口に過ぎないかもしれない」との見解を示し、長期的な相場の冷え込みに警鐘を鳴らした。同氏によれば、次のビットコイン半減期が訪れる2024年までこの傾向が続く可能性がある。

オンチェーンデータ分析

ビットコイン(BTC)保有者傾向を分析する指標の一つである365日MVRVは、現在-19.5%前後で推移する。

MVRV

このオンチェーンインデックスは、1年間にBTCを購入した投資家の推定平均利益/損失に使用されるもので、算式は(市場時価総額:MV-実現時価総額:RV)/MVを用いる。0以上だと「オーバーバリュー(割高圏)」。0以下は「アンダーバリュー(割安圏)」を示す。

-10%未満のMVRV値は、押し目買いの入りやすいゾーンとされる中で、短期保有者が損失を出して売却していることを示しており、長期投資家が蓄積している兆候が見受けられる。

いずれにせよ、ウクライナ情勢を巡る地政学リスクはかつてなく緊迫化しており、地合い悪化よる相場の急変に注意したい。

関連:「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します