アルゴランド、約20億円規模の開発者支援プログラムを発表

EVM関連プロジェクトなどを支援

金融向けブロックチェーンのアルゴランド(ALGO)は先日、2,000万ドル(約23億円)規模の支援プログラムを発表した。

仮想通貨メディアCoinDeskの報道によれば、支援プログラム設立の報告は、イーサリアム(ETH)関連のカンファレンス「ETHDenver」で、Algorand FoundationのStaci WardenCEOが行ったという。

関連:Algorand、NFTマーケットプレイスアプリ「Curate」と提携

1,000万ドルはEVM(イーサリアム仮想マシン)との互換性を高めるソリューションに携わる開発者に提供。残る1,000万ドルは、アルゴランド向けの開発者ツールを手掛けるデベロッパーに提供されるという。

EVMとは

EVM(イーサリアム仮想マシン)とは、イーサリアムのスマートコントラクトのコントラクトコードを実行するための「翻訳機」として機能するもの

▶️仮想通貨用語集

アルゴランドは、従来型と分散型の金融モデルの統合を目指すレイヤー1チェーン。1秒間に最大1万件のトランザクションを処理可能とされており、「未来の金融(Future of Finance=FutureFi)」の構築を目標としている。

提案書の提出が必要

EVM関連のプログラムでは、支援を希望する研究チームは3月18日までに、リサーチ方法やコスト、スケジュールを記載した提案書を提出する必要がある。支援の対象には複数のチームが選ばれる場合があり、その際は、支援金は各チームで分配される形になるそうだ。

WardenCEOは、今回のEVM関連の支援プログラムについて、公式サイトで以下のようにコメントした。

アルゴランドはマルチチェーンの世界を信じており、このSupaGrant(支援プログラム)はその必然性に向けて我々を前進させてくれるでしょう。

イーサリアム用に書かれたスマートコントラクトをAlgorand上で実行することで、人気の高いDeFiプロトコルやNFTプロジェクトが複数のチェーンにサービスを提供するための障壁をなくし、参加する人のコストを大幅に削減します。

経験豊富な開発者チームがAlgorandのために長期的な基礎技術を研究・構築するインセンティブを与えることは、ブロックチェーン・コミュニティ全体の利益につながると考えています

ガバナンス分散化を開始

アルゴランドは21年10月から、ガバナンスの分散化を始めている。

同月には、アルゴランド財団が管理していた未発行分の32億ALGO(当時の価値で6,000億円超)の取り扱いに関する意思決定権が、コミュニティへと移譲されることが発表された。

この決定に伴い、ウォレットにALGO(ネイティブトークン)を保有しておくだけで自動的に付与されていた「参加報酬」は2022年末までに徐々に削減。今後はガバナンスに積極的に参加することで付与される「ガバナー報酬」モデルに移行することが告知されている

関連:アルゴランド、ガバナンスの分散化を開始 10月マンスリーレポート|Algorand公式寄稿

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します