米大手VCのa16z、ETH2.0のステーキングを提供するLidoに80億円出資

クジラ利用のLidoに出資

米大手ベンチャーキャピタル「Andreessen Horowitz(a16z)」は4日、仮想通貨イーサリアム(ETH)などのステーキングソリューションを提供するLido Financeに、80億円を投資したことを発表した。

Lidoは2020年にローンチされたプラットフォームで、イーサリアム2.0(合意レイヤー)のステーキングを主に提供。Lidoでイーサリアム2.0のステーキングを行うユーザーは代替トークン「stETH」が付与され、およそ2年のロックアップ期間から流動性が解放される。stETHトークンはステーキングされたETHとは1:1の価値が保たれており、複数の主要取引所でも取引されている。

また、イーサリアム2.0のステーキングを自身のノードで運用する場合、最低32ETH(1,000万円)を用意する必要があるが、Lidoでは少額からでも利用できるメリットがあるという。

関連イーサリアム財団が「ETH1.0」と「ETH2.0」に新名称を命名

現在、Lido上のイーサリアム2.0のステーキング数は約6,800億円に達している。機関投資家やクジラ(大口投資家)からの高い需要が見られる。

また、Lido Financeはイーサリアム2.0だけでなく、テラ(LUNA)ソラナ(SOL)、クサマ(KRM)のステーキングサービスも提供している。

関連初心者でもわかる「テラ(LUNA)」とは|仕組みと将来性を解説

a16は今回の出資について、Lidoは今後イーサリアム2.0における分散型ステーキングソリューションの普及を促進していくと説明。また、同社もLidoを利用し保有のETHをステーキングしていることを明かした。

Lidoが前回調達を行ったのは2021年5月で、ParadigmやThree Arrows Capital、Alameda Researchらから84億円を調達した。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します