米政府倫理局:行政部の職員に「保有する仮想通貨の申告」を義務付ける

保有する仮想通貨の申告を義務化
連邦政府の政府倫理局によれば、「パブリック・ファイナンシャル・ディスクロージャー(財務公開)」の一環として、連邦政府行政部に属する公務員には、所有する仮想通貨を申告する義務が課せられるようです。

保有する仮想通貨の申告を義務化

連邦政府の政府倫理局 (以下OGE)によれば、「パブリック・ファイナンシャル・ディスクロージャー(財務公開)」の一環として、連邦政府行政部に属する公務員には、所有する仮想通貨を申告する義務が課せられるようです。

6/19(火)に発行された法律顧問文書によれば、OGEは公務員倫理法に基づき、仮想通貨を「投資・収入源とするために保有される資産」であると判断し、それによりそれらの仮想通貨は法的拘束力を持つパブリック・ファイナンシャル・ディスクロージャーの対象となります。

OGEは行政部の公務員に、所有する通貨名と使用する取引所/プラットフォームの明示を求めるそうです。

顧問文書には、

「仮想通貨の使用事例数の上昇をOGEが認識し、資産報告の義務を果たすために”新たなガイドライン”を求める仮想通貨保有者 (公務員) が増える中、仮想通貨は比較的に新興技術のため、今後の状況に応じてガイドラインを変更することもある。」

と記述してあります。

またOGEは、「仮想通貨を真の通貨、または法定通貨」として認めず、資産・財産と見なしており、これはIRS (米国税庁)とCFTC (米先物商品取引委員会)の方向性に一致するものの、同文書によれば、CFTCはビットコイン (BTC)をコモディティ(商品)と見なしています。

これにより、商品取引を控除する公務員倫理法においては、BTCが対象外となるとされています。

CoinPostの関連記事

ビットコインは有価証券に該当せず規制の対象ではない|米SEC委員長が言及
本質的に通貨として用いられる通貨は有価証券に該当せず規制の対象ではないと言及。 また仮想通貨トークンの"ICO"ではなく"IPO"実施に関して言及し、米法律に則った新たな形が生まれる可能性を示唆した。
ETH10%急騰・仮想通貨全面高に|イーサリアム証券問題に大きな進展
長く仮想通貨相場を不安定にさせていたSECの有価証券の問題に進展。米国証券取引委員会(SEC)、企業財務部門部長のWilliam Hinman氏は、同委員会はビットコインとイーサリアムを証券としては分類しないと述べました。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加