バンタングループ、卒業証書にNFTを活用 SBINFTと協力

卒業証書にNFT活用

クリエイティブ分野に特化した人材育成を行う株式会社バンタンは15日、同日に開催された卒業式・修了式にて、NFT(非代替性トークン)形式で卒業証書を授与することを発表した。

今回の取り組みは、卒業生に向けて「NFT化された卒業証書が数億円もの価値として評価されるようなクリエイターへと大きく飛躍してほしい」という願いが込められており、NFTを活用することで「最新の技術を体感し、コロナ禍において離れて過ごす家族へ晴れて卒業できたことを共有」としている。

証書のデザインは、バンタンの卒業生であり、大手ファッショブランドEDWINやカフェ喫茶店・酒場チェーンを運営するPRONTOをはじめとする数々の企業に加え、アーティストのアートワークを手掛ける岡田喜則氏が担当した。

出典:バンタン資料

また、卒業証書のNFT化にあたっては、暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーン関連の開発を進めるSBINFT株式会社と協力。SBINFTが提供する国内発のNFTマーケットプレイスnanakusa(3月17日よりSBINFT Market)を通じて、譲渡不可能なNFTが作成・代理発行している。

関連: SBINFT株式会社、新サービス『SBINFT Market』を3月17日にリリース予定!

NFTが発行されるチェーンは、イーサリアム(ETH)のスケーリングソリューションとして知られており、安価な取引手数料と高速な取引を提供するポリゴン(MATIC)。各卒業生が保有するウォレットに配布される予定だ。

関連:動画で解説、ポリゴン(MATIC)とは【CONNECTV】

拡大するユースケース

2021年からはブロックチェーンの関連技術であるNFTにも注目が集まっている。NFTはメタバース(仮想空間)やゲーム、ファッションといった様々な分野でシナジーがあり、新たなユースケースが続々と登場。2022年においても、仮想通貨の全体市場状況とは関係なしにユーザー基盤を拡大し続けている。

関連:2021年のNFT年間取引高、約2兆円に到達 前年比200倍

卒業証書NFTの発行は、件数は少ないものの、既に国内外で登場している。2017年にはマサチューセッツ工科大学(MIT)、2020年には慶應義塾大学や韓国の浦項科学技術大学など各国の著名大学でもブロックチェーン技術を活用した卒業証書が発行されている。

関連:ブロックチェーン卒業証書を発行 新型肺炎の卒業生保護を目的=韓国著名大学

また、2021年には大学だけでなく、通信制高校の学校法人角川ドワンゴ学園・N高等学校(通称、N高)でもNFT卒業証書を発行。「新型コロナウイルスの感染拡大防止やコスト削減の観点」から、デジタル卒業証書の試験的な導入に至った。

関連:角川ドワンゴ学園「N高」ブロックチェーンでデジタル卒業証書を発行

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します