Web3.0テーマのETF、ブラジルで上場へ

Hashdexがローンチ

ブラジルの暗号資産投資企業Hashdexは15日、Web3.0(分散型ウェブ)関連のETF(上場投資信託)を同国の大手証券取引所B3に上場させる予定を発表した。

上場する新たなETF「WEB311」は大手仮想通貨インデックスプロバイダーCF Benchmarksと共同開発した指数「CF Web 3.0 Smart Contract Platforms Index」をもとに運用される。イーサリアム(ETH、22.5%)、エイダ(ADA、22.5%)、ソラナ(SOL、22.1%)、ポルカドット(DOT、19.5%)、アルゴランド(ALGO、8.8%)、テゾス(XTZ、3.5%)、コスモス(ATOM、1.1%)から構成されている。

また、B3への上場予定日は3月30日だ。

HashdexのMarcelo Sampaio CEOは発表で、「Web3.0がインターネットの未来になることを信じている。(中略)このETFは未来のインターネットのメインエンジンとなりうるプロジェクトに投資するアクセスを提供してくれる」とコメントした。

同社は2月に、ブラジルでDeFi(分散型金融)関連銘柄の指数に連動するETFをローンチした。当時も、CF Benchmarksと提携していた。

関連ブラジル仮想通貨投資企業、DeFiのETFをローンチ

Web3.0とは

現状の中央集権体制のウェブをWeb2.0と定義し、ブロックチェーン等を用いて非中央集権型のネットワークを実現する試みを指す。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します