コインチェック、米NASDAQ株式市場の「De-SPAC」上場を目指すことを発表

コインチェック、米株式市場への上場準備へ

マネックスグループは22日、完全子会社のコインチェックとナスダック上場の特別買収目的会社(SPAC)であるThunder Bridge Capital Partners Ⅳ, Inc.等との間でBusiness Combination Agreement(事業統合契約)を締結し、NASDAQへのDe-SPAC上場を目指すことを発表した。

親会社のマネックスグループは日本国内の東証1部上場企業であるが、小会社のコインチェックは米国での株式上場の準備を進める。グローバルな暗号資産(仮想通貨)業界の特性を踏まえ、より活発で市場規模の大きな米国市場を選択することにより、”早期上場”の実現に向けて動いたものとみられる。

De-SPACとは、株式新規公開(IPO)されたSPAC(Special Purpose Acquisition Company)が買収対象会社と合併し、一連の買収取引を完了すること。

出典:マールオンライン

2012年創業、2014年より暗号資産交換業に参入したコインチェックは、日本国内で最も歴史のある暗号資産(仮想通貨)取引所のひとつ。

2018年4月にマネックスグループの傘下となり、経営管理態勢や内部管理態勢およびセキュリティへの大規模な投資の末、金融庁から「暗号資産交換業」の登録を受けた。

コインチェックは、国内最大の顧客基盤をさらに拡大するため、「Coincheck NFT(β版)」をはじめ、国内初のIEO(Initial Exchange Offering)事例となったパレットトークン上場の「Coincheck IEO」、バーチャル株主総会の「Sharely(シェアリー)」といった新規事業も積極的に推進する。

コインチェックはプレスリリースで、「セキュリティやインフラへの積極的な投資を行いながら顧客基盤を拡大し、提供サービスを増やすことで国内1リーディングポジションを堅持していく」「持株会社化によるグローバル進出で更なる成長を目指す」とした。

米株市場にはコインベースが上場

21年4月には、暗号資産(仮想通貨)交換業者としては初めて米最大手コインベースがナスダック上場を果たした。暗号資産(仮想通貨)業界にとって歴史的な動きとなった。

新株を発行しない直接上場(ダイレクトリスティング)で行われ、上場初日のコインベースの評価額は一時1120億ドル(約12兆円)、終値でも8兆円規模に達した。当時のコインベースの2021年1-3月(第1四半期)の利益が約8億ドル(870億円)。

21年4月は、ビットコイン(BTC)価格など暗号資産市場が最高値を更新していた時期であったこと、コインベースの抱えるユーザー数が5600万人まで膨らみ機関投資家の利用が拡大するなど、桁外れの顧客基盤があったことも高く評価された。

日本国内最大手のコインチェックを傘下に収めるマネックスグループは、東京株式市場(東証1部)上場。時価総額は22日時点で1679億円に留まる。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します