取引所AscendEX、音楽NFTマーケットプレイス「Token Traxx(TRAXX)」の取引を開始

TRAXXトークン上場へ

暗号資産取引所AscendEXに、Token Traxx「TRAXX」が上場した。

取引は、日本時間で3月22日午前3時から開始された。取り扱う通貨ペアは、テザー(USDT)建ての「TRAXX / USDT」のみとなっている。

AscedEXは、2018年に米ウォール街の金融有識者らによって設立されたBitMax.ioが、21年3月にリブランディングしたことで誕生した暗号資産取引所。

ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)XRP(リップル)など200以上の銘柄を対象に、現物取引の他にも証拠金取引や先物取引などを提供。高い流動性と安全なセキュリティシステムが評価され、100万人以上の投資家に使用される取引プラットフォームとなっている。

関連:取引所AscendEX、ソラナ基盤決済プロトコル「Zebec(ZBC)」の上場を発表

Token Traxxとは

Token Traxxは音楽業界と音楽コミュニティにフォーカスしているNFTマーケットプレイスだ。楽曲やアルバム、プレイリストをトークン化し、NFT(非代替性トークン)のフォーマットを使用して商品を流通できる。Token TraxxではNFTを簡単にカスタマイズできることが特徴。地理的制限を持たせたコンテンツをライブ会場限定で販売するなどの使用法もある。ファンにとっては、アーティストを支援したり、アーティストが生み出す収益のリターンをシェアすることも可能になる。

今回上場が発表された「TRAXX」はイーサリアムのブロックチェーンで発行されるERC20トークンだ。Token Traxxで購入されたNFTの取引手数料の支払いに使用される。ホルダーには特典が付与されるほか、プラットフォームの報酬プログラムのインセンティブとして使用される。今後は、DeFiを含む、より多くのユースケースが追加される予定。

関連:NFTがアジアの音楽業界にもたらす影響とは|Forkast寄稿

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します