NFTスタジオYuga Labs、FTXやa16zから550億円超を資金調達

企業評価額は4,800億円

人気NFT(非代替性トークン)プロジェクトBAYC「Bored Ape Yacht Club」を手掛けるYuga Labsは22日、総額4.5億ドル(約550億円)の資金調達を完了したことを発表した。

VC大手のa16zや暗号資産(仮想通貨)取引所FTXやAnimoca Brandsなどが投資企業として名を連ねた。

Yuga LabsはBAYCやMAYC「Mutant Ape Yacht Club」などの人気シリーズを手掛けるNFTスタジオ。今回の資金調達はシードラウンドと呼ばれる第1段階のもので、以下のブロックチェーン企業らが参加した。

  • FTX
  • a16z crypto
  • Animoca Brands
  • The Sandbox
  • LionTree
  • Sound Ventures
  • Thrive Capital
  • FTX
  • MoonPay

また、関係者によれば、スポーツブランドのadidas(アディダス)も出資ラウンドに参加した模様だ。

40億ドル(4,800億円)の企業評価額で調達した資金は人員強化や今後の提携・合同プロジェクト等に充てる模様で、クリエイティブやエンジニアリング、運営面での人材誘致を図る。

Yuga LabsのNicole Muniz CEOは以下のようにコメントした。

既にコミュニティがIP(知的財産権)を有しているApesやPunks、Meebitsだけで新たな経済圏(の展開)が可能だ。

ブロックチェーンの文化的な影響は測り知れない可能性を有しており、ユーザーが探索して遊べる、美しく相互運用的な世界を構築している。

また、出資ラウンドに参加したa16z cryptoのジェネラルパートナーであるChris Lyons氏は以下のようにYuga Labsを評価した。

Yuga Labsは急速にWeb3.0の文化、ゲーミング、そしてエンターテイメントにおける大手ブランドになっている。

飛躍的なペースでWeb3.0の主流化が進む中、全ての人がメタバースへ参入するため、Yugaは文化とイノベーションの融合という点で最先端を走っている。素晴らしいチームと彼らのビジョンに投資することで、コミュニティ主体のエンターテイメントの次世代を構築することを支援できて、大変嬉しく思う。

関連:非代替性トークン・NFTとは|主な特徴と将来性を解説

Yuga Labsの動向

Yuga Labsは先週19日にも独自の新プロジェクト「Otherside」のティーザー映像をリリースしたばかり。独自のメタバース展開を示唆する内容となっており、4月に本格発表をする方向を明らかにしていた。

関連:BAYCのYuga Labs、新プロジェクト「Otherside」の映像を公開

また、Yuga Labsは3月上旬にはライバルNFTプロジェクト「CryptoPunks」と「Meebits」の知的財産権(IP)を取得。NFT所有者が商業的使用権を得ることを可能にした。

関連:Yuga Labs、NFTコレクション「CryptoPunks」の知的財産権を取得

関連:「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します