米ゲームストップ、LoopringでNFT電子市場ベータ版をローンチへ

ベータ版はImmutable XではなくLoopring

米ゲームソフト小売大手「ゲームストップ」は23日、イーサリアムレイヤー2ブロックチェーンLoopring(ループリング)を利用しNFT電子市場「GameStop NFT Marketplace」のベータ版をローンチすることを発表した。

ゲームストップはこれまでイーサリアムレイヤー2ブロックチェーンImmutable Xを利用し、独自のNFT電子市場をローンチする計画を発表していたが、ベータ版のローンチはImmutable Xではなく、Loopringを採用する形になった。

関連米ゲームストップ、2QにNFT電子市場ローンチ計画

LoopringはImmutable X同様、オフチェーン仕組み「ZKロールアップ」と呼ばれるスケーリング技術を利用し送金を処理するL2ソリューションだ。L1のセキュリティレベルを維持すると同時に、高い処理能力も兼ね備えており、イーサリアム・エコシステム全体で課題として捉えられているネットワークの混雑、およびそれに伴うガス代高騰に対する解決策を提供。また、LoopringではネイティブトークンLRCが利用されている。

Loopringの事業成長責任者Adam Browman氏は発表で、「Loopring上でイーサリアムのセキュリティが担保されつつ、わずかなコストでNFTを発行することができる」と説明した。

現在ベータ版はまだ正式にオープンされておらず、予約リスト制でアーリーアクセス参加者を募集している。

ゲームストップはImmutable Xをベータ版構築で採用しなかったことについては説明していないが、2月にImmutable Xと提携する際、Loopringについては「Immutable Xを導入するまでには、Loopringとイーサリアムメインネット以外のブロックチェーンを導入することはない」と記された書類が明らかになっている。ゲームストップはImmutable Xと提携し、NFT電子市場ローンチの計画及び110億円規模のファンドを発表した経緯がある。

関連ブロックチェーンゲームの稼ぎ方「Play to earn(P2E)編」|廃猫

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します