米ゲームストップ、2QにNFT電子市場ローンチ計画

Immutable X利用のNFTプラットフォーム

ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場する米ゲームソフト小売大手「ゲームストップ」は17日、今年の2Q(4月〜6月)に独自のNFT電子市場をローンチする計画を発表した。

関連:「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

ゲームストップは今回の内容を2021年度の業績説明会で発表。NFT電子市場のローンチに向けて、昨年4Q(10月〜12月)ではブロックチェーンゲームや関連技術の経験者を雇用したことも報告した。

同社は今年の2月に、Immutable X(IMX)と提携し、NFT電子市場ローンチの計画及び110億円規模のファンドを発表した経緯がある。当時、ゲームストップは「Immutable Xを利用し、低コストでゲーム内資産を取引できる電子市場を開発し年内にリリースする」と言及していた。

関連米ゲームストップ、L2のImmutable Xと提携 NFT電子市場ローンチへ

関連米ゲームストップ、48億円のIMXトークンを売却

Immutable XはStarkware社が開発するイーサリアム(ETH)上のレイヤー2ソリューションで、オフチェーン仕組み「ZKロールアップ」を利用し送金を処理。0ガス代で秒間9,000回の取引を処理できることが特徴だ。「NFT専用のレイヤー2」と掲げており、NFTカードゲーム「Gods Unchained(ゴッズ・アンチェイン)」や「Guild of Guardians」などに対応している。

先日、Immutable Xを開発する豪州発のImmutable社はシリーズCラウンドで、シンガポールの政府系ファンドTemasekやAnimoca Brands(アニモカブランズ)、Tencent(テンセント)などの企業から230億円の資金を調達した。

関連NFT系L2のImmutable X、230億円調達

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します