NFT系L2のImmutable X、230億円調達

評価額が約2,900億円に

仮想通貨イーサリアム(ETH)レイヤー2ソリューションImmutable Xを開発する豪州発のImmutable社は7日、シリーズCラウンドで230億円を調達したことを発表した。

シリーズCを主導したのはシンガポールの政府系ファンドTemasek。Animoca Brands(アニモカブランズ)、Tencent(テンセント)、ParaFi Capital、Arrington Capitalといった新規投資家や、Alameda Research、AirTree Ventures、Declaration Partners、Fabric Venturesなどの既存の投資家も参加した。

関連NFTゲーム投資を行うWeb3.0最大手「Animoca Brands」が日本進出 講談社などから11億円を資金調達

Immutable X(イミュータブル X)Starkware社が開発するレイヤー2ソリューションで、オフチェーン仕組み「ZKロールアップ」を利用し、0ガス代で秒間9,000回の取引を処理できる。「NFT専用のレイヤー2」として、NFTカードゲーム「Gods Unchained(ゴッズ・アンチェイン)」や「Guild of Guardians」に対応。現在、GameStop(ゲームストップ)、TikTok、Opensea(オープンシー)、Ember Sword、Illuvium、 GreenPark Sportsといった企業がImmutable Xを利用しアプリを開発しているという。

関連米ゲームストップ、L2のImmutable Xと提携 NFT電子市場ローンチへ

関連イーサリアムのL2ソリューション「StarkNet」、本格稼働を開始

Immutableは新たな資金でImmutable Xを導入するクライアントの獲得やグローバル展開、チームの拡大、M&Aなどの事業を進めていく。

また、今回の投資家であるAnimoca BrandsもImmutable Xのネットワークを利用する計画をしている。同社の共同創設者Yat Siu氏は発表で、「Animoca BrandsのポートフォリオにあるコンテンツをどのようにImmutable Xに導入していくかワクワクしている」と話した。Animoca Brands傘下にはザ・サンドボックス(SAND)などの人気作がある。

Immutableは昨年9月に約70億円を調達。今回の調達額を加え、企業の評価額は約2,900億円に上る。

Immutable XのネイティブトークンIMXは資金調達の発表を受け、一時+50%と急騰した。

追記:Animocaからのコメント

Animoca BrandsのコミュニケーションマネージャーIssac Poon氏に問い合わせたところ、「ザ・サンドボックスはポリゴン(MATIC)での利用になるが、他のゲームでImmutable Xと提携する予定だ」とのコメントを得られた。(3月10日追記)

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します