米コインベース、南米最大の仮想通貨取引所の買収を進行中か=報道

現地紙が報道

大手暗号資産(仮想通貨)取引所のコインベースが、ブラジルの2TMの買収に向けて動いていることが地元紙O Estado de S.Pauloの報道で明らかになった。

2TMは、ラテンアメリカ最大の仮想通貨取引所Mercado Bitcoinの親会社として知られており、ソフトバンクグループも出資を行っている。

関連:南米のEC大手メルカドリブレ、仮想通貨取引所親会社の株式取得=ブルームバーグ

コインベースによる買収は4月までに完了する見込みであるという。また、O Estado de S.Pauloの報道によれば、最大手取引所のバイナンスも、2TM買収のために水面下で交渉した可能性がある。情報源は明らかにしていない。

なお、2TMについては今年1月、南米でECサイトを展開するメルカドリブレ(Mercado Libre)が株式を取得したことが報じられている。

収益の多様化を模索

コインベースは現在、収益の多様化に注力する姿勢を見せている。

2021年第4四半期(10月~12月)の決算説明会で「数十億ドル規模のビジネスチャンスが様々ある中で、どのようにこの分野の規模をとらえ、チャンスを広げていけばいいか」が重要な課題とコメントした。

同取引所の収益は、現時点では、多くを取引関連が占めているが、サブスクリプション・サービス収入も重要性を増しているという。

15日には、フロリダ州で開催された金融界イベント「FIA Boca」で、伝統金融の参加者に向けて、仮想通貨デリバティブ取引の概説を実施。「Coinbase FCM」という先物取引の仲介業務を行う業者になる計画が公表された。

関連:米仮想通貨取引所コインベース、収益多様化に注力へ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します