米CME、個人投資家向けのBTC・ETHオプションを提供開始

仮想通貨のマイクロオプションを提供

米大手デリバティブ取引所CME(シカゴマーカンタイル取引所)は28日、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)のマイクロオプション取引の提供を開始した。

同社は今月1日に、ビットコインとイーサリアムのマイクロオプション取引を28日より提供開始する予定を発表。マイクロオプションとは、個人投資家でもアクセスしやすいようにオプションの最小ロットを通常のオプションの1/10とするものだ。

関連米CME、個人投資家向けのBTC・ETHオプションを提供予定

また、提供するマイクロオプション取引には、ウィークリーオプションとマンスリーオプションの2つの取引がある。

CMEは2020年1月にビットコインのオプション取引を初めてローンチ。一方、イーサリアムオプションに関してはビットコインと異なり、通常サイズのものがなく、今回が初のオプション取引提供となった。

関連プロが解説:ビットコインのオプション建玉から仮想通貨マーケットを読む

関連CMEイーサリアム先物とは|主な特徴や市場参加者について元プロトレーダーが解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します