米決済大手Visa、クリエイター向けNFT支援プログラムを開始

アーティスト向けのNFT支援プログラム

米決済大手Visaは30日、アーティスト向けのNFT(非代替性トークン)支援プログラムを正式に開始した。Visaが将来、NFT関連製品を開発することにも役立つ見込みだ。

関連大企業の関心集める「NFT」の魅力とは|主な特徴と将来性を解説

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ブロックチェーンゲームの「デジタルアイテム」交換などに用いられるのみならず、高額アート作品の所有権証明や、中古販売では実現の難しかった「二次流通市場」における権利者(クリエイター)への画期的な還元手段としても注目を集める。

▶️仮想通貨用語集

このプログラムはアーティスト、ミュージシャン、ファッションデザイナー、映画制作者などのクリエイターに、一年間NFTについての成長機会を提供。具体的には、次の5つの分野でサポートするという。

  • ブロックチェーンやスマートコントラクト、NFT市場などの技術や製品に関する助言
  • 他のNFTクリエイターとアイデアを交換し、コミュニティを構築する機会
  • Web3.0、仮想通貨などの最先端で活躍する人々の話を聞く機会
  • Visaの顧客やパートナー企業との交流
  • クリエイターの成長を支援するための奨学金

Visaの仮想通貨部門責任者Cuy Sheffield氏は、The Blockに対して次のように話した。

NFTは、クリエイターがこのメディアにもっと投資するようになるにつれて、様々な形を取ることができるだろう。私達は、NFTにより新たなファン、製品、サービスを生み出せるようにクリエイターをサポートしていきたい。

VisaもNFT事業の可能性を模索

このプログラムにより、VisaもNFTの可能性を探ることができるという。Sheffield氏は、NFTがクリエイターに与えるチャンスや解決すべき課題、またアーティストが作品を収益化する上でNFTが果たしうる役割などを理解することに言及した。

Sheffield氏は、NFTへの取り組みは「まだ始まったばかり」で、Visaは「クリエイターのためのプラットフォーム含め、新たな製品やソリューションを開発し続けている」と続けた。

Visaは、このプログラムで何人のクリエイターを育成するか、まだ決定していない。Sheffield氏は、充分なサポートを行うために、参加者の規模をできるだけ小さくしたいと述べた。

プログラムへの参加を希望するクリエイターは、書面で質問事項に回答し、その後、最終選考のため面接を受けることになるという。

公式発表でVisaは、NFTがアーティストにもたらす利点について、次のように説明している。

NFTは、画像、映像、音楽などのデジタルグッズやメディアの所有権を確立し、その作品が本物であると証明することもできる。これにより、クリエイターの収入源の一つとなり、そのビジネスの成長を助ける。

関連:「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します