「サトシ・ナカモトを除き、過去最大のビットコイン保有者を目指す」仮想通貨テラの共同創設者が明かす

USTをエコシステム外へ拡大

暗号資産(仮想通貨)テラ(LUNA)の開発を主導するTerraform Labs社のDo Kwon共同創設者は最近、“サトシ・ナカモトを除いて、最大のビットコイン(BTC)ホルダーになるまで”BTCを積み立てると複数のメディアで語った。”サトシ・ナカモト”は、ビットコインの創始者。

ポッドキャスト「Unchained」の29日のインタビューでKwon氏は、TerraUSD(UST)の準備金としてビットコインを蓄積する理由について説明した。

USTは、Terraform Labsが発行する米ドルと1:1の割合でペッグした、法定通貨や仮想通貨の担保を持たない無担保型のステーブルコイン

CoinGeckoのデータによると、USTはステーブルコイン銘柄としては時価総額4位を誇る(執筆時点)。USTは価格を一定に保つためにアルゴリズムを活用しており、LUNAトークンとUSTをそれぞれ発行・バーン(焼却)することで供給量を調節し、価格を維持している。

Kwon氏によると、USTはテラ・エコシステムの中で最大のTVL(トータルバリューロックト)を誇り、ステーブルコインとして最も頻繁に使用されている。しかし、イーサリアム(ETH)アバランチ(AVAX)ソラナ(SOL)といった他のエコシステムに展開する中で、LUNAトークンの不安定さのために同等の信頼を得るには至っていない。

外部チェーンでの利用を促進するために、現実世界の外貨準備政策を参考に短期的な価格変動を予想しやすいモデルを模索したとKwon氏は語る。

ビットコインを担保資産とすれば誰も疑問視しない。なぜならビットコインは頂点であり、最も健全なマネタリーポリシーを持ち、普及しているからだ。担保資産に含むことで、クロスチェーンに拡大するためにより中立な価値あるブリッジを構築することができる。

関連:テラのステーブルコイン「UST」、ビットコイン活用のために3600億円確保へ

サトシを除き、過去最大のビットコインホルダーに

Kwon共同創設者は23日、米ドルに連動したステーブルコイン「TerraUSD(UST)」の準備金について、まずは30億ドル相当(約3,600億円)のビットコインを確保するとツイート。トークン化されたビットコインをテラ上に導入し、準備金として使用するための「ブリッジ」を構築するとした。

Kwon氏はまた、USTの通貨発行益(シニョリッジ)の一部をビットコイン購入に充てることにも言及。長期的には、最大100億ドル(約1.2兆円)相当のビットコインを準備金として確保する計画を明かしていた。

別のインタビューでKwon氏は、推定保有量112万5150BTC(5兆円以上)とされるビットコインの生みの親「サトシ・ナカモト」に次ぐ規模になるまでビットコイン保有量を拡大させる意向を示している。

(準備金のBTCを)100億ドルに拡大したい理由は、サトシ・ナカモトを除いて世界で最大のビットコインのシングルホルダーになるからだ。

関連:ビットコイン買い集めフェーズへの転換示唆、テラ(LUNA)が時価総額7位に浮上

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します