ゴールドマン・サックス、イーサリアムオプションのOTCを提供計画=報道

需要高まるか

米金融大手ゴールドマン・サックスは、暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)のオプション取引のOTCをクライアントに提供する計画をしている。ブルームバーグが報じた。

関連米CME、個人投資家向けのBTC・ETHオプションを提供開始

ゴールドマン・サックスのクリプトトレーディンググローバル責任者Andrei Kazantsev氏はクライアント向けのウェビナーで計画を明かし、クライアントからの需要が高まっている背景があると話した。

また、同社デジタルアセットチームのアソシエイトGeorge Lewin-Smith氏はクライアントの間では注目がイーサリアムに移りつつあると指摘した。イーサリアムの次期大型アップグレード「The Merge」の実行予定がその背景にあると見られる。The Mergeは、コンセンサスアルゴリズムを「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」に変更する大規模なアップグレードになる。

関連イーサリアム、PoS移行に進展 最新テストネットで「The Merge」を実行

ゴールドマン・サックスは未だビットコインやイーサリアムの現物取引をクライアントに提供していないが、欧州とカナダで取引されているETP(上場取引型金融商品)へのアクセスは提供している。

また、3月にはデジタル資産関連サービスを提供する米Galaxy Digitalと連携し、ビットコイン(BTC)の現金決済「Non-Deliverable Option(NDO)」というデリバティブ商品のOTC取引を実施したことも明らかになっていた。

関連米大手銀初、ゴールドマン・サックスがビットコインデリバティブのOTC取引を実施

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します