米Ripple社CEOが、有価証券該当否定を理由にCoinbaseへXRP上場を求める

Ripple社CEOがCoinbaseにXRPの上場を求める
米Ripple社CEOのGarlinghouse氏は、XRPが有価証券に該当しないとする”三つの理由”に関して「Future of Fintech」カンファレンス内にて説明し、Coinbaseへの上場を促した。
XRPとは
ネットワーク上の仮想通貨やフィアット間をつなぐブリッジ通貨の役割を持つ。Googleが出資しており、銀行間における国際送金システムでの利用で将来性を期待されている。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

Ripple社CEOのBrad Garlinghouse氏は21日、アメリカニューヨーク市で行われた未公開企業のDBサービスを手掛けるCBinsights氏主宰の「Future of Fintech」カンファレンス内にて、「CoinbaseはXRPを上場するべきだ」と発言しました。

有価証券に該当しないことを理由に上場を呼びかける

5月4日に投資家のライアン・コフィ―氏を中心としたグループが、「未登録の有価証券を販売していた」として発行元の米Ripple社に対して集団起訴を提起したことや、6月14日に発表された「イーサリアムとビットコインは有価証券ではない」とするSECの公式声明の中で言及がなかった、といった様々な理由から、XRPが有価証券かどうかに関する議論が活発に行われています。

そうした中、米大手仮想通貨取引所であるCoinbaseは、取り扱い通貨として、すでに取引されているBTC、ETH、LTC、BCHに加え、先日発表されたETCを予定しています。

こういった通貨リストやCoinbaseの米国の法律に則った運営を行なっている観点から、有価証券に該当する通貨の上場は、現状難しいのではないかと考えられています。

このような有価証券に関する議論が進む中、Garlinghouse氏は、CoinbaseがXRPが有価証券に該当しない以下の3つの理由に関して説明。同プラットフォームへの上場を促しました。

・XRPはオープンで分散化されたテクノロジーである、Ripple社からは独立している

・XRPを購入することによって、投資家たちはRipple社から配当や利益を得ることはないし、Ripple社運営に関する権利を受け取ることもない

・XRPは問題解決に取り組んでいる。有価証券の要件に該当するようなユーティリティはない

その一方で、Rippleに否定的な意見を持つ批評家たちは、この発表を受けて、「Ripple社が市場に出ているXRPの半数以上を保有していてる状態が続いており、完全に分散化されているとは言い難い。このことによって、有価証券の領域に入り込んでいるのだ。」と批判しています。

最大の注目点

XRP証券問題で注目されているのは、「The Financial Crimes Enforcement Network(FinCEN)」によるXRPの定義です。

1990年4月に資金洗浄の検知を目的として米国財務省により設立された法執行機関FinCENでは、すでに2015年にはリップル社のXRPを使用した活動を認めています。

その際にリップル社は、FinCEによって定義されたマネーに関するビジネス(Money Services Business/MSB)に該当するため、以前までの活動が銀行秘密法および、アンチ資金洗浄を遵守していなかったとして、総計70万ドル(約7,700万円)の罰金を命じています。

注目点は、合意事実記載書にて、「”XRP”として知られるリップルネットワークの通貨」と記載されており、MSBの定義にも通貨取引業、交換業を営む企業という名目が含まれていることから、XRPが通貨として認知されていた事実が伺えることです。

CoinPostの参考記事

XRP(リップル)を「有価証券」ではないとする3つの理由
先日、アメリカ証券取引委員会(SEC)によって、ビットコインやイーサリアムが「有価証券には該当しない」と発表された。そんな中、Ethereum World Newsでは、XRPが証券に該当しない3つの理由について記述された。

Coinbaseの上場期待は以前より明白

上場発表による価格インパクトが大きいことで有名なCoinbaseへXRPの上場の噂がたった3月、XRPの価格は噂ベースのニュースに反応し高騰を始めました。

当時期待が高まった理由は以下の2点です。

  • 500名のスタッフを90日間の臨時雇用を行なったこと
  • 3/6、米ニュース専門放送局のCNBCの番組「Fast Money」で、Ripple社のCEOであるBrad GarlinghouseがCoinbase社のCOOであるAsiff Hirjiと共演すること

結果的に上場発表は行われず噂として終わってしまったものの、共演が行われる前日3/5には、1日で20%以上高騰するなど、ホルダーの期待感が高まる状況は間違いなく、Coinbaseの上場の期待は明白であると言えるでしょう。

CoinPostの関連記事

XRP(リップル)を「有価証券」ではないとする3つの理由
先日、アメリカ証券取引委員会(SEC)によって、ビットコインやイーサリアムが「有価証券には該当しない」と発表された。そんな中、Ethereum World Newsでは、XRPが証券に該当しない3つの理由について記述された。
ETH10%急騰・仮想通貨全面高に|イーサリアム証券問題に大きな進展
長く仮想通貨相場を不安定にさせていたSECの有価証券の問題に進展。米国証券取引委員会(SEC)、企業財務部門部長のWilliam Hinman氏は、同委員会はビットコインとイーサリアムを証券としては分類しないと述べました。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加