6/26(火)|約275億円分のUSDT発行で一時急騰・明朝にかけて大きな動きがあるか

仮想通貨市場
昨日23:00頃、2.5億ドル分(約275億円分)のUSDTが発行が観測され、65万円台から69万円台まで一時急騰する場面があった。依然として不安定な相場が続いている。
仮想通貨関連株
貿易摩擦の激化懸念で米国市場のダウが328ドル安と反落したことを受け、続落する銘柄も相次ぐ中、メタップス(6172)が、前日比195円(6.77%)高の3,075円に。ウォレットアプリ「pring」を通して、キャッシュレス社会の早期実現を目指す。

仮想通貨市場

昨晩に一時急騰が起こりましたが、現在はレンジ内を推移している状態となっています。

昨日、65万円台から69万円台まで一時急騰、この要因としては、Tether社が「2.5億ドル分(約275億円分)のUSDT」を発行したことがきっかけとなったと指摘されています。

BTCの動向

チャートを見ると、BTC価格は上昇のために69万円の壁をブレイクする可能性がありますが、ブレイク出来ずに垂れた場合、66.5万円付近に向かう可能性があり、注意が必要です。

本日夜から明朝にかけて激しい値動きが見られるものと思われ、不安定な相場が継続しています。

24時間以内の仮想通貨市場の流れ

仮想通貨市場における、24時間以内の資金の流れを確認すると、以下のようになっています。

Tether(USDT)の流れ

  • USDT→BTC=約3824億円
  • USDT→ETH=約1314億円
  • USDT→EOS=約430億円
  • USDT→BCH=約111億円

など

米ドルの流れ

  • USD→BTC=約2452億円
  • USD→ETH=約137億円
  • USD→LTC=約30億円
  • USD→BCH=約25億円

日本円の流れ

  • JPY→BTC=約2049億円
  • JPY→XRP=約50億円

仮想通貨(ブロックチェーン)関連株

仮想通貨(ブロックチェーン)関連銘柄

米国が中国に対する制裁関税を発動する7月6日に向け、貿易摩擦の激化を懸念してダウが328ドル安と反落したことを受け、株式投資家の不安心理を示す「VIX指数」が急伸。

7月6日に予定される米国の追加関税発動など、通商関係の問題では依然として先行き不透明感が払拭できず、松井証券の信用買い評価損益率では、25日時点で-20%を下回るなど、厳しい市況が続いています。

仮想通貨(ブロックチェーン)関連株は、メタップス(6172)が、前日比195円(6.77%)高の3,075円に。

同社のグループ会社は26日、三井住友銀行の決済サービスを導入するデジタルウォレットアプリ「pring(プリン)」を通じた、QRコード決済に対応する加盟店の募集を始めると発表。

決済手数料は業界最安値の0.95%にするとしており、キャッシュレス社会の早期実現のため、楽天やLINE、Amazonの提供する「QRコード」決済サービスとシェア争いすることになります。

そのほか、続落する銘柄も目立つ中、大幅下落していたセレス(3696)が、本日は2.59%と反発を見せています。

有望視されている仮想通貨(ブロックチェーン)関連株の最新情報は、以下の記事でまとめているので参考にどうぞ。

CoinPostの関連記事

仮想通貨(ブロックチェーン)本命銘柄|関連株の最新情報まとめ
【9/11更新】株式市場の仮想通貨(ブロックチェーン)の関連株一覧です。仮想通貨(暗号通貨)の将来性と市場の盛り上がりに伴い、時価総額(株価)の大幅上昇を期待できる本命銘柄と最新のポイント解説をまとめています。
メタップスのウォレットアプリpring(プリン):みずほFGのデジタル通貨「Jコイン」で導入か
みずほ銀行などがキャッシュレス決済の実証実験を福島県で開始。メタップスのウォレットアプリ「pring(プリン)」を採用を発表しており、利用者や決済端末の提供で、東京電力やNTTドコモが実験に協力。円の価値とペッグするデジタル通貨「Jコイン」でも導入へ。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加